ヴォルフスブルクが21歳のMFアルノルトと契約延長「信頼が嬉しい」

ヴォルフスブルクでプレーするアルノルト [写真]=Bongarts/Getty Images

 ヴォルフスブルクは24日、ドイツ人MFマクシミリアン・アルノルトとの契約を2020年まで延長した。クラブ公式HPを通じて発表した。

 ヴォルフスブルク下部組織出身で現在21歳のアルノルトは、同クラブの最年少デビュー記録、ブンデスリーガ最年少得点記録、そして最年少退場記録を保持。今季はここまで公式戦29試合に出場し、2得点をマークしている。

 発表に際し同選手は、「最初から、ヴォルフスブルクがホームだと感じている。ここでブンデスリーガの選手になったし、ここには僕の成長にとって最高のチャンスがあると考えている。(ゼネラル・マネージャーの)クラウス・アロフスとディーター・ヘッキング監督からの信頼が嬉しいよ。彼らは契約延長でそれを示してくれたんだ」とコメントした。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事