"顔なき歌姫"シーア、生田斗真主演作で初の邦画主題歌! 大友監督「奇跡」

 

オーストラリアのシンガーソングライター・シーア(SIA)が、俳優・生田斗真の主演映画『秘密 THE TOP SECRET』(8月6日公開)の主題歌として楽曲「アライヴ」を提供することが25日、発表された。シーアが邦画の主題歌を務めるのは、今回が初となる。

映画『秘密 THE TOP SECRET』の主題歌を担当するシーア(SIA)

ミュージックビデオの総再生回数が24億回を超え、世界で"顔なきポップスター"として知られているシーア。アデルが参加した同曲をはじめ、ほかの作曲者としてカニエ・ウェストやジャック・アントノフ(ファン.、ブリーチャーズ)も参加した最新アルバム『ディス・イズ・アクティング』は、世界50カ国のiTunesアルバム・チャートで1位を記録したほか、全米アルバム・チャート4位を記録した。

映画『るろうに剣心』シリーズを手がけ、本作でメガホンを取る大友啓史監督は、「匿名性の中に純粋な普遍を炙(あぶ)り出し、世界を驚愕させているシーアのパフォーマンスは、人間の心の奥底を直接照射するパワーに満ちあふれている」と評し、「それを主題歌として迎え入れられたことは奇跡というしかない」と感激。「名曲『アライヴ』が映画『秘密 THE TOP SECRET』の世界をより魅力的に彩ってくれることを確信し、興奮しています」と高揚気味に語る。

アルバム『ディス・イズ・アクティング』ジャケット

新垣弘隆プロデューサーは、同曲を初めて聴いた際を振り返り、「その圧倒的な歌声に心震えました」と感動を口にする。「魂の叫び、燃えたぎるような生命力。そして大友監督の描く本作の世界をまるで歌い上げたかのようなメロディーと歌詞」とその魅力を告げながら、「主題歌にはこの曲しかないと確信しました」と胸を張る。一方で、「相手は世界的なアーティスト。交渉が3カ月にわたり難航を極め何度も諦めかけました」と吐露しながらも、「この思いを伝えたく最後の手段として手紙を送りました」と背景を告白。そのような経緯もあり、「映画完成直前に届いた朗報はまさに奇跡の瞬間」だったようで、「シーアそして共作者のアデルに深く感謝」しながら、「シーアの歌声とクリエイティブの共鳴を果たした世界基準の大友ワールドをぜひ劇場で」と呼びかけた。

映画の原作は、漫画誌『MELODY』(白泉社)で連載していた清水玲子氏による同名コミック。最先端の科学技術を駆使し、死んだ人間の脳から"過去の記憶を映像化"できるMRIスキャナーを捜査に導入した科学警察研究所法医第九研究室(通称「第九」)のメンバーたちが、迷宮入りとなった猟奇事件の捜査を進めていく。天才的頭脳の持ち主だが、トラウマを持つ第九の室長・薪剛役を生田が務めるほか、岡田将生、栗山千明らも出演する。

(C)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

さんま、SMAP解散の真相は報道通り?「ほぼ間違いないと思う」
[00:23 8/28] エンタメ
小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電

本音ランキング