ACL初戦、浦和が日本勢唯一の白星…広島&FC東京は黒星、G大阪はドロー発進

  [2016/02/24]

ACL初戦に臨んだ広島、FC東京、G大阪、浦和(左上から時計回り)[写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第1節が23、24日に行われた。日本勢は浦和レッズが唯一の白星スタートとなった。

 昨季の明治安田生命J1リーグを制したサンフレッチェ広島は23日、ホームで中国スーパーリーグ3位の山東魯能と対戦。広島は64分に清水航平の得点で先制したが、直後の67分にヤン・シュに同点ゴールを許す。さらに試合終盤の78分にジエゴ・タルデッリに勝ち越しゴールを奪われ、1-2で黒星スタートとなった。

 プレーオフを制し、4年ぶりに本戦出場を果たしたFC東京は同日、韓国Kリーグ・クラシック王者の全北現代と対戦した。39分にコ・ムヨルのゴールで先制を許すと、終盤の83分に追加点を献上。87分に阿部拓馬の得点で1点差に詰め寄ったが、そのまま1-2で初戦を白星で飾ることはできなかった。

 昨季の天皇杯王者のガンバ大阪は24日に、Kリーグ2位の水原三星と対戦。18分にパトリック、54分に宇佐美貴史が決定的なチャンスを迎えるが、決め切れず。逆に相手の攻撃も守り切り、試合はスコアレスドローに終わった。

 J1リーグ3位の浦和は同日に、オーストラリア・Aリーグ2位のシドニーFCと対戦。試合は開始早々の8分に武藤雄樹が先制点を奪い、浦和が1点をリードする。65分には途中出場の興梠慎三が、自ら得たPKを決めて追加点。このまま逃げ切った浦和が、日本勢最初の白星を収めた。

 なお、昨季の日本勢はG大阪、浦和、鹿島アントラーズが初戦で敗れ、柏レイソルはドロー発進だった。

■日本勢のACL第1節結果
▼グループE
全北現代 2-1 FC東京
▼グループF
広島 1-2 山東魯能
▼グループG
水原三星 0-0 G大阪
▼グループH
浦和 2-0 シドニーFC


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ロボホン、ついに発売 - 期間限定のロボホンカフェに行ってきた
[15:50 5/26] 家電
上野樹里、トライセラ和田唱と結婚「私は幸せ」「素敵なパートナー」
[15:47 5/26] エンタメ
ファイルメーカー、カスタム App構築を支援するハウツーガイドを無料公開
[15:45 5/26] パソコン
旭硝子、「C12A7エレクトライド」のスパッタリングターゲット材を量産開始
[15:19 5/26] テクノロジー
平岡祐太、貫地谷しほりと思い出話で意気投合「役に生きてくるのでは」
[15:18 5/26] エンタメ

特別企画 PR