ファイルメーカー、iPadとFileMakerのビジネス導入事例を発表

  [2016/02/24]

ファイルメーカーは、iPadとFileMakerのビジネス導入事例を発表した。愛知県豊田市に拠点を置く豊田信用金庫では、渉外係やマネーアドバイザーが情報活用するために使用するカスタムアプリをFileMakerプラットフォームで構築し、iPadで運用しているとのことだ。導入による効果として、業務効率化による時間短縮、顧客満足の向上、コミュニケーションの活性化、コスト削減などが報告されている。

ファイルメーカーのWebサイトで公開された事例ムービー

豊田信用金庫では、業務効率化による時間短縮や顧客満足の向上、コミュニケーションの活性化など、多くの導入効果を上げているとのことで、その様子の映像をこちらから視聴することができる。

地域に根差した金融機関である豊田信用金庫の渉外係は、顧客のもとに直接足を運び、ヒアリングすることで緊密な信頼関係を築いているという。以前よりハンディ端末を採り入れるなど、最新技術の導入に積極的に取り組んできたが、さらなる渉外活動の高度化と効率化により上質な金融サービスを提供することで他金融機関との差別化を図ることを目的とし、iPadとFileMakerを採用する運びとなった。

導入されたiPadは全台がセルラーモデルで、無料のiOSアプリ「FileMaker Go」がインストールされており、事前に登録されているiPadのみが、安全なVPN接続を通して本部のFileMaker Serverにアクセスできるようになっている。

電子ペーパー化された販売商品のパンフレットやインターネットに公開されているマーケット情報へもiPadからすぐにアクセスできるよう集約されており、必要な情報をいつも手元のiPadで確認できるとのこと。渉外係が訪問先で専門的な質問を受けたときは、マネーアドバイザーとその場ですぐにFaceTimeで面談して回答するなど、迅速かつ正確な情報提供で顧客満足の向上に役立っている模様だ。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

ヤマハ、エントリー機ながらDolby AtmoやDTS:Xに対応するAVレシーバー
[21:59 5/24] 家電
[清水富美加]「HK/変態仮面アブノーマル・クライシス」ヒロインの魅力は「清純という名のエロス」
[21:44 5/24] エンタメ
安野モヨコ「鼻下長紳士回顧録」イメージした女性服が伊勢丹に
[21:31 5/24] ホビー
新たな完全ワイヤレスイヤホン「Aria One」 - e☆イヤホンで先行販売
[21:09 5/24] 家電
ジョニデ、アン・ハサウェイ『アリス・イン・ワンダーランド』USプレミア登場
[21:03 5/24] エンタメ

特別企画 PR