天海祐希、阿部寛との初夫婦映画で急接近!? "耐え続けた腹筋"に感動

  [2016/02/24]

俳優・阿部寛と女優・天海祐希が、初の夫婦役を務める映画『恋妻家宮本』(2017年公開)がクランクインし、場面写真とメイキング写真が公開された。

夫役の阿部寛(左)に迫る、妻役の天海祐希

メガホンを取るのは、ドラマ『家政婦のミタ』(11年)、『偽装の夫婦』(15年)などの脚本を手掛けてきた遊川和彦氏で、本作が映画監督デビュー作となる。題材に選ばれたのは、2013年に小説家・重松清氏が刊行した『ファミレス』(日本経済新聞出版社)。子が結婚、独立し、夫婦2人で生活することになった中学校教師・宮本陽平(阿部)が、妻・美代子(天海)が隠し持っていた離婚届を発見してしまう場面から物語が始まり、葛藤を抱えながらも、教え子や料理教室の仲間と関わる中で、家族の在り方を再認識していく姿を描く。

現場での遊川監督は、阿部が「これほど細かいところまで役者の演出をしっかりしてくれる監督は今では数少ない」と絶賛するまでの手腕を発揮。原作タイトルでもある"ファミレス"を完全再現した千葉のロケセットで、宮本夫妻がファミレスに訪れる映画冒頭シーンの撮影も行われた。ファミレスの多様なメニューに迷う優柔不断な陽平と、それを無表情で見つめる美代子。過去の遊川作品をほうふつさせる意味深な雰囲気をも感じさせる場面ができあがった。

阿部は、「この現場で迷うことは何もない」と明言。それも、脚本も執筆した遊川監督を「誰よりもその役とせりふをわかっている方なので、僕が演じたらやりすぎちゃうところも、監督の解釈で的確に演出をしてくださる」と評するほど信頼を置いているからだ。続けて、本作を「生きている中で一番多い『なんでもないこと』を表現している」と指摘。脚本を読んだ際を振り返り、「テーマでもある『大切なことは正しいことよりも優しいこと』というのは目の覚めるような思いがして、正しいことをいうのは簡単だけど、優しいことというのは難しいと思った」「そこは一つのこの脚本の宝物として自分の中に生涯持っていかなきゃ」と感慨を口にする。

一方の天海は、そんな阿部と遊川監督を「すごく理想的な関係」と表現。「阿部さんは器が大きくて、純粋かつ素直に監督の指示を聞いて、自分なりに消化してお芝居に生かされる方ですし、遊川監督はこうやってほしいっていうのを脚本家ならではの言葉で的確に伝えるので」とその理由を告げた。さらに、「陽平に美代子が酔っぱらってのしかかる、というシーンがある」と明かしながら、「リハのときから全力で乗っていっても阿部さんがいい感じに腹筋で止めているんですよ(笑)」と撮影背景を語った。その上で、「遠慮せずいっても腹筋で私の体重を支えてくださるので、頼りがいがあって全力でどーんと行けました。安心感がやっぱり違うんですよね」と笑みも浮かべる。

遊川監督は、阿部を「不思議な人で、すべてを素直に受け止めて、少年のように一回考えて咀嚼(そしゃく)して演じる方」としながら、「すごくやりやすいです(笑)失礼ですが、こんなに「一生懸命」という言葉が似合う人はいないです」「人間的にも見習いたい」と称賛。天海については、「新しい刺激を与えるほどどんどん新しいものが出てくる人で、新しい刺激に対して今まで見たことがない芝居をどんどん出せる人」と分析した。

撮影現場の模様

(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

山路徹、女性30人に"不倫は純愛の要素が強い"と力説…反感買い孤立無援化
[08:00 5/30] エンタメ
「遠隔操作市場」の科研費、2位の北大は4億9,045万円 - 1位は?
[08:00 5/30] マネー
綾瀬はるかと菜々緒が2位! ワキがキレイそうな有名人1位は?
[07:30 5/30] ヘルスケア
シニアに最も多いタイプは「無趣味で世の中に無関心」なミノムシ型?
[07:30 5/30] ヘルスケア
【連載】銀行員は見た! 第51回 異物混入事故
[07:30 5/30] マネー

本音ランキング

特別企画 PR