レノボ・ジャパン、リモートオフィス向けタワー型サーバ2機種を発売

レノボ・ジャパンは2月23日、x86サーバ・ラインナップにタワー型の新製品「Lenovo ThinkServer TS150」と「Lenovo ThinkServer TS450」を追加し、販売を開始した。価格はTS150が5万6000円(税別)~。

「Lenovo ThinkServer TS150」

「Lenovo ThinkServer TS450」

両製品は初期導入コストを抑え、ワークロードの拡大に合わせて拡張が可能なエントリークラスのサーバとして位置づけており、チェーン展開の小売店舗やリモートオフィスにおける最初のサーバとしてのニーズに対応する。

両製品ともにインテル XeonプロセッサE3-1200 v5製品ファミリーを含む、インテル・プロセッサを搭載する1ソケット・タワー型サーバ。TS150は、コンパクトな筐体にシステムの機動性を高める最大64GB(DDR4 ECC)のメモリを搭載でき、最大24TB搭載可能なストレージはソフトウエアRAID 0/1/5/10またはハードウエアRAIDにも対応し、システム管理機能としてIntel AMT 11を利用することができる。

ThinkServer TS450は、TS150の特徴に加え、SATA/SASドライブにより最大48TBのストレージ容量を提供するほか、ホットスワップに対応したドライブと冗長化電源の採用により、信頼性の向上を実現している。

TS150の主な仕様として稼働OSはMicrosoft Windows Server 2012 R2/2012、Red Hat Enterprise Linux 6.7、SUSE Linux Enterprise Server 11 for AMD & EM64T(SP4以降)、CPUはインテル Xeon プロセッサ E3-1200 v5製品ファミリー、Core i3プロセッサ、Pentium プロセッサより選択可能、メモリは最大64GB(DDR4 ECC)、ストレージは最大24TB(3.5型SATA×4)、RAIDはソフトウェアRAID 0/1/5/10、オプションでハードウェアRAIDに対応。

TS450の主な仕様は稼動OSやCPU、メモリはTS150と同様だが、ストレージは最大48TB(3.5型SATA/SAS×8)、最大32TB(2.5型SATA×16)、最大28.8TB(2.5型SAS×16)、RAIDはソフトウェアRAID 0/1/10/5、またはハードウェアRAID 0/1/10/5/50に対応している。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事