マッドキャッツ、1,944通りのカスタムが可能なゲーミングマウス

 

マッドキャッツは23日、センサーモジュールやパーツの交換が可能なPCゲーム用マウス「R.A.T.TM PRO X Ultimate Gaming Mouse」と「R.A.T.TM PRO S Gaming Mouse」を正式発表した。2月19日に発売済み。価格はオープンで、店頭予想価格は税別8,250円前後から。

R.A.T.TM PRO X Ultimate Gaming Mouse

R.A.T.TM PRO X Ultimate Gaming Mouse

「R.A.T.TM PRO X Ultimate Gaming Mouse」は、パーツをカスタマイズできるゲーミングマウス。店頭予想価格は税別25,000円前後。

全3モデルを用意し、PixArt製「ADNS 9800 レーザーセンサー」モデルをメインに販売する。Philips製「PLN2037 ツインアイ レーザー センサー」モデルと、PixArt製「PMW3310 オプティカルセンサー」モデルも用意されており、この2機種は直販の「Mad Catz ショップ」(amazon.co.jp内)での販売となる。

いずれも、後日発売のセンサーモジュールでセンサー自体の交換が可能。センサーによって解像度などを変更でき、「ADNS 9800 レーザーセンサー」モデルでは、解像度が50~8,200dpi(50dpi間隔の可変式)、加速度が最大30G、対スピード性能は最大3.8m/秒。「PLN2037 ツインアイ レーザー センサー」モデルでは、解像度が100~8,200dpi(50dpi間隔の可変式)、加速度が最大50G、対スピード性能は最大6m/秒。「PMW3310 オプティカルセンサー」モデルでは、解像度が50~5,000dpi(50dpi間隔の可変式)、加速度が最大30G、対スピード性能は最大3.3m/秒となっている。

ボタン数は10(ホイール前後含む)で、ボタン設定は任意に変更可能。設定可能コマンド数は90に達し、オンボードメモリにお気に入りのプロファイルを登録できる。解像度切り替え / モード切替 / 精密ターゲット用のボタンを装備し、リフトオフディタンス機能にも対応。パーツの外装などを交換することで、1,944通りのカスタマイズが行える。カスタマイズ用の付属パーツは、パームレスト / マウスフィート / ホイールリング / ピンキーグリップ / サムレストなど。

インタフェースはUSB。本体サイズはW88×D108×H42mm、重量は110g(ケーブル除く)。対応OSはWindows 7 / 8 / 8.1 / 10。

上面

側面

後面

カスタマイズできるセンサーやパーツの例

R.A.T.TM PRO S Gaming Mouse

R.A.T.TM PRO S Gaming Mouse

「R.A.T.TM PRO S Gaming Mouse」は、センサーにPixArt製「PMW 3310 オプティカルセンサー」を搭載する廉価モデル。店頭予想価格は8,250円前後(税別)。上位機のデザインを踏襲しつつ低価格化した。ボタン数は8(ホイール前後含む)で、設定可能コマンド数も24に絞った。また各種パーツは付属しない。

そのほかの基本仕様は「PMW 3310 オプティカルセンサー」を搭載する「R.A.T.TM PRO X Ultimate Gaming Mouse」とほぼ共通。本体サイズはW88×D108×H38mm、重量は77g(ケーブル除く)。

上面

側面

パームレストの長さ、傾きを調節できる

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

カズレーザー、事務所の危機訴える「ベッキーの代わりなんてできない」
[12:01 7/24] エンタメ
『刀剣乱舞 -ONLINE-』、公式主題歌を発表
[12:00 7/24] ホビー
森下悠里、高知容疑者引退作で共演した印象語る「遊び慣れた方」
[11:26 7/24] エンタメ
「ハイフリ」岬明乃のフィギュア予約開始!「ニセコイ」万里花も公開
[11:04 7/24] ホビー
“美女と野獣カップル”泉浩&末永遥夫婦、移住先の静岡県で物件探し!
[11:00 7/24] エンタメ