ユーヴェに後半2失点を喫したバイエルンGKノイアー「冷静さを欠いた」

CLユーヴェ戦にフル出場したバイエルンGKノイアー [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが23日に行われ、バイエルンは敵地でユヴェントスと2-2の引き分けに終わった。バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーらの試合後コメントをドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

 試合は、43分にトーマス・ミュラーの得点でバイエルンが先制。後半立ち上がりの55分には、アリエン・ロッベンのゴールでリードを2点に広げた。だが、後半中盤からユヴェントスに反撃を許す。63分にパウロ・ディバラに1点を返されると、76分にステファノ・ストゥラーロの同点ゴールを喫し、2-2のドローで終わった。

 試合後、フル出場したノイアーは、「もっとできたとは思うけど。でもスタジアムの雰囲気に影響され、少し冷静さを欠いてしまったね」と敵地での試合に苦戦したと振り返った。

 また、キャプテンとしてフル出場した元ドイツ代表DFフィリップ・ラームは、「僕たちは本当にとても良い試合をしたと思う。今の僕たちの立ち位置はとても良いものだよ!」とアウェーゴールを2点獲得したことに満足。

 そして、1ゴールを挙げたオランダ代表FWアリエン・ロッベンは、「立ち位置は良いね。次は本拠地で戦う。僕たちは気持ち、情熱、そして理性をもって試合に臨まなくてはならない」と有利な状況で迎える第2戦に向けて意気込んだ。

 セカンドレグは3月16日にバイエルンのホームで行われる。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事