あわやCL欠場…スアレス、自宅にパスポートを忘れるハプニング

アーセナル戦にフル出場したスアレス [写真]=AMA/Getty Images

 バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、23日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのアーセナル戦のためにロンドンに向かう途中、パスポートを忘れたことに気付くという一幕があった。イギリス紙『インデペンデント』が22日に報じている。

 報道によると、スアレスがバルセロナからロンドンに向かう途中、パスポートを自宅に忘れていたことが判明。バルセロナ空港で“忘れ物”に気付き、スタッフに自宅までパスポートを取りに行ってもらったという。無事にロンドン行きのフライトに間に合い、スアレスが欠場を余儀なくされることはなかった。

 スアレスはアーセナル戦でフル出場。2度迎えた決定機を生かすことはできなかったが、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが71分に決めた先制点の場面では、鮮やかなカウンター攻撃の一翼を担った。スアレスはブラジル代表FWネイマールからのパスを受け、相手DFの股下を通して巧みにリターン。ワンツーで抜け出したネイマールのアシストから、メッシのゴールが生まれた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事