ベントレー「フライングスパーV8 S」新型をジュネーブモーターショーで公開

山津正明  [2016/02/23]

英国のベントレー・モータースはこのほど、新型「フライングスパーV8 S」をラインナップに加えることを発表した。同モデルはスイスで開催されるジュネーブ国際モーターショー(一般公開は3月3~13日)で世界初公開される。

ベントレー「フライングスパーV8 S」

同モデルは「フライングスパーV8」と「フライングスパー」のフラッグシップW12モデルとの中間的存在を担う。エンジンは4.0リットルのV8ツインターボで、最高出力は従来のV8エンジンの507PSから21PS向上し、528PSとなった。0-100km/h加速は4.9秒で、これは「フライングスパーV8」よりも0.3秒速い。最高速度は306km/hとなっている。

こうした性能向上を果たしながら、燃費性能も両立。巡航時に8気筒のうちの4気筒を休止する可変シリンダーシステムなどにより、複合サイクルで100km走行あたりの燃料消費は10.9リットルとなっている。航続距離は837kmを誇る。

サスペンションのセッティングも見直され、ハンドリングとボディコントロールを向上。連続可変式ダンピングコントロール付きのセルフレベリングエアサスペンションは、フロントをアルミニウム製ダブルウィッシュボーン式、リアを台形マルチリンク式として、「フライングスパー」の持ち味である洗練性を継承している。

デザインはスポーティさを増し、ブラックラジエターグリル、リアディフューザー、グリルインサートなどを装着した。新型「フライングスパーV8 S」はジュネーブモーターショーで世界初公開され、今年夏に発売される予定となっている。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

サンシャインジュース、より深くクレンズ効果を実感できる新商品発売
[07:30 5/27] ヘルスケア
松平健『X-MEN』最強の敵役で洋画吹き替え初挑戦「大いに暴れたい」
[07:27 5/27] エンタメ
【連載】ねこのはなしをしようか 第8回 猫好きなのに何故猫を飼わないのか
[07:00 5/27] 趣味
【連載】1コマ漫画 猫にありがちなこと 第968回 腹筋時に猫に乗られるとこうなる
[07:00 5/27] 趣味
imecとInfineonが共同で車載用79GHz CMOSレーダーセンサチップを開発
[07:00 5/27] テクノロジー

本音ランキング

特別企画 PR