ベントレー「フライングスパーV8 S」新型をジュネーブモーターショーで公開

 

英国のベントレー・モータースはこのほど、新型「フライングスパーV8 S」をラインナップに加えることを発表した。同モデルはスイスで開催されるジュネーブ国際モーターショー(一般公開は3月3~13日)で世界初公開される。

ベントレー「フライングスパーV8 S」

同モデルは「フライングスパーV8」と「フライングスパー」のフラッグシップW12モデルとの中間的存在を担う。エンジンは4.0リットルのV8ツインターボで、最高出力は従来のV8エンジンの507PSから21PS向上し、528PSとなった。0-100km/h加速は4.9秒で、これは「フライングスパーV8」よりも0.3秒速い。最高速度は306km/hとなっている。

こうした性能向上を果たしながら、燃費性能も両立。巡航時に8気筒のうちの4気筒を休止する可変シリンダーシステムなどにより、複合サイクルで100km走行あたりの燃料消費は10.9リットルとなっている。航続距離は837kmを誇る。

サスペンションのセッティングも見直され、ハンドリングとボディコントロールを向上。連続可変式ダンピングコントロール付きのセルフレベリングエアサスペンションは、フロントをアルミニウム製ダブルウィッシュボーン式、リアを台形マルチリンク式として、「フライングスパー」の持ち味である洗練性を継承している。

デザインはスポーティさを増し、ブラックラジエターグリル、リアディフューザー、グリルインサートなどを装着した。新型「フライングスパーV8 S」はジュネーブモーターショーで世界初公開され、今年夏に発売される予定となっている。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[ハドソン川の奇跡]トム・ハンクス&アーロン・エッカートに聞く「みんなで力を合わせれば…」
[19:23 9/25] エンタメ
[アニメ1週間]「君の名は。」が興収100億円突破 水樹奈々が初の甲子園ライブ
[19:00 9/25] ホビー
Photokina 2016、タムロンブースで望遠ズーム新作「SP 150-600mm」を構える
[18:36 9/25] スマホとデジタル家電
ミュージカル「忍たま乱太郎」第8弾は5年生が主役!兵庫水軍と初忍務
[18:30 9/25] ホビー
[今週の新刊]10月アニメスタートの「3月のライオン」が登場 「狼と香辛料」「マイぼーる!」も
[18:30 9/25] ホビー