マクラーレン「P1」「675LT スパイダー」などジュネーブモーターショーに!

山津正明  [2016/02/23]

英国のマクラーレン・オートモーティブはこのほど、同社のビスポーク部門であるマクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)から、カーボンファイバーを幅広く採用した「P1」および「675LT スパイダー」をジュネーブ国際モーターショー(一般公開は3月3~13日)で初公開すると発表した。

マクラーレン「675LT スパイダー」

マクラーレン「P1」

同社のジュネーブモーターショーへの参加は今年で4回目。展示規模はこれまでで最大となり、同社の3カテゴリーのフルラインアップをそろえるなど、展示モデル数も最大級となる。MSOではプロダクションが完了した「P1」にカーボンファイバーを幅広く採用したモデルも公開。これは生産された375台のモデルのうちの1台で、ボディーにフルビジュアルカーボンファイバーを採用した。ハンドメイドで仕上げられたカーボンファイバーはリオブルーで薄くペイントされている。

わずか数週間で完売されて以降、初のモーターショーという公式の場に登場する「675LT スパイダー」のビスポークモデルも公開される。「675LT スパイダー」は4,691万5,000円(税込)で全世界限定500台で生産されるが、すでに完売となっている。ビスポークモデルは独自のセラミックグレーでカラーリングされ、標準モデルよりカーボンファイバーを多く採用。サテンカーボンファイバーのリトラクタブル・ハードトップとトノカバーは、時速30kmで走行中も操作可能となっている。

同モデルのパフォーマンスには変更がなく、3.8リットルV8ツインターボエンジンの最高出力は675PS。0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/h加速は8.1秒、最高速度は326km/hとなっている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

最も満足度の高いドラマ脚本家は古沢良太氏 -『リーガルハイ』『デート』
[09:00 5/31] エンタメ
【レポート】「こんなシステムは使いたくない」 - すべてはそこから始まった
[09:00 5/31] 企業IT
NTT、AI関連技術「corevo」のコラボレーションを展開
[08:30 5/31] 企業IT
台湾の2大半導体後工程受託メーカーが経営統合
[08:30 5/31] テクノロジー
中居正広、整形繰り返すKABA.ちゃんに忠告「どっかでやめないと」
[08:13 5/31] エンタメ

本音ランキング