マクラーレン「P1」「675LT スパイダー」などジュネーブモーターショーに!

 

英国のマクラーレン・オートモーティブはこのほど、同社のビスポーク部門であるマクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)から、カーボンファイバーを幅広く採用した「P1」および「675LT スパイダー」をジュネーブ国際モーターショー(一般公開は3月3~13日)で初公開すると発表した。

マクラーレン「675LT スパイダー」

マクラーレン「P1」

同社のジュネーブモーターショーへの参加は今年で4回目。展示規模はこれまでで最大となり、同社の3カテゴリーのフルラインアップをそろえるなど、展示モデル数も最大級となる。MSOではプロダクションが完了した「P1」にカーボンファイバーを幅広く採用したモデルも公開。これは生産された375台のモデルのうちの1台で、ボディーにフルビジュアルカーボンファイバーを採用した。ハンドメイドで仕上げられたカーボンファイバーはリオブルーで薄くペイントされている。

わずか数週間で完売されて以降、初のモーターショーという公式の場に登場する「675LT スパイダー」のビスポークモデルも公開される。「675LT スパイダー」は4,691万5,000円(税込)で全世界限定500台で生産されるが、すでに完売となっている。ビスポークモデルは独自のセラミックグレーでカラーリングされ、標準モデルよりカーボンファイバーを多く採用。サテンカーボンファイバーのリトラクタブル・ハードトップとトノカバーは、時速30kmで走行中も操作可能となっている。

同モデルのパフォーマンスには変更がなく、3.8リットルV8ツインターボエンジンの最高出力は675PS。0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/h加速は8.1秒、最高速度は326km/hとなっている。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『SUPER LOVERS 2』、来年1月放送! ティザービジュアルを公開
[21:58 8/30] ホビー
[豊川悦司]大竹しのぶを「200歳ぐらいまで生きそう」と絶賛 「後妻業の女」で共演
[21:52 8/30] エンタメ
[ハロー!プロジェクト]名古屋定期公演スタート 初日は愛知出身・牧野が出演「地元でイベントうれしい」
[21:41 8/30] エンタメ
真鍋昌平×岩井俊二が“現代”を語る、「リップヴァンウィンクル」BD&DVD記念
[21:37 8/30] ホビー
PS4『グランツーリスモSPORT』、2017年に発売を延期
[21:35 8/30] ホビー