『ガンダムSEED』脚本家の両澤千晶さん死去、人気シリーズ数多く担当

 

人気ロボットアニメ『機動戦士ガンダムSEED』シリーズや、『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』シリーズなど数多くの作品を手がけた脚本家の両澤千晶さんが、19日に大動脈解離のため死去していたことがわかった。56歳だった。

『ガンダム』情報の公式ポータルサイト「GUNDAM.INFO」が、22日の更新で発表。サイトでは「心よりご冥福をお祈りいたします。葬儀に関しましては当社よりお知らせすることはできません。ご了承のほどよろしくお願い申し上げます」としている。

両澤さんが手がけた『機動戦士ガンダムSEED』は、2002年10月よりTV放送がスタート。続編の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』をはじめ、スピンオフ作品なども展開し、現在も高い人気を誇っている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

アニメ「モブサイコ100」BD&DVD9月より続々、イベント申込券やおまけ映像も
[00:00 7/26] ホビー
[ビッグオーダー]「未来日記」作者の異能力マンガが完結 次号にエピローグ
[00:00 7/26] ホビー
[東京ESP]少年エースの超能力マンガ 6年5カ月の歴史に幕
[00:00 7/26] ホビー
Googleお役立ちテクニック - Chromeブラウザに入れて便利な拡張機能・5選
[00:00 7/26] パソコン
「アイステ」が重ねた時間を巡るライブ! 「THE IDOLM@STER STATION!!! Summer Night Party!!!」
[23:44 7/25] ホビー

本音ランキング