センチュリー、USBバスパワーで動く約2万円の8型サブディスプレイ

 

センチュリーは23日、USB接続の8型サブディスプレイ「plus one LCD-8000U2B」を発表した。2月下旬に発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は税込19,224円前後。

plus one LCD-8000U2B

USBケーブルで手軽にデュアルディスプレイ環境が構築できる、8型サイズのサブディスプレイ。写り込みの少ない非光沢(ノングレア)パネルを採用し、解像度は800×600ドット。接続インタフェースはUSB 2.0で、USBバスパワーで動作するため、ケーブル1本を接続するだけで運用できる。収納式のチルトスタンドと、持ち運び用の液晶保護カバーが付属する。

このほかの主な仕様は、視野角が上50度、下 / 左 / 右が70度、輝度が250cd/平方メートル、コントラスト比が500:1。本体サイズはW210×D32×H151.5mm、重量は約518g。対応OSはWindows XP(SP3) / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10、Mac OS X 10.6.8以降。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

平成以降最悪の被害、障害者殺傷事件の深層に迫る『NHKスペシャル』
[09:00 7/31] エンタメ
さんま、中居へのSMAP騒動直撃は「本当にファンの気持ちで…」
[09:00 7/31] エンタメ
パンケーキや豚カツをプラス!? "進化系冷やし中華"を自宅で再現してみた!
[09:00 7/31] 趣味
「ゲームエンジン」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[09:00 7/31] スマホとデジタル家電
『イッテQ!』世界初!?の映像の撮影に成功!オーシャンズ金子が奇跡の海へ
[08:00 7/31] エンタメ