ADI、超低消費電力マイコンの新製品を発表 - すでにサンプル出荷を開始

 

アナログ・デバイセズ(ADI)は2月23日、超低消費電力マイクロコントローラの新製品「ADuCM302xシリーズ」を発表した。

同製品はアクティブ・モードで38μA/MHz未満、スタンバイ・モードで750nA未満の超低消費電力を特長とする。バッテリ交換や再充電までの期間を延長できるため、搭載機器の利便性を高めるとともに、維持コストの削減に貢献するとしている。また、電力効率の向上によりバッテリ個数の削減や小型化によるコスト削減を実現でき、バッテリを頻繁に交換することが難しい分野においても、新たに応用製品を開発できるようになる。

シリーズ第1弾製品となる「ADuCM3027(128kBフラッシュ・メモリ搭載)」と「ADuCM3029(同256kB)」は32ビットARM Cortex-M3プロセッサを搭載し、性能と消費電力とのバランスを最適配分できるよう簡単に設定することが可能。また、セキュリティと信頼性に関わる各種機能には設定に関わりなく常時提供される。さらに、スタンバイ・モードでの電圧モニタリング機能やフラッシュ・メモリ上のエラーを自動修正する機能によって、誤作動やシステム障害につながりかねないデータ損壊を予防的に回避できるようになっている。

「ADuCM3027」と「ADuCM3029」は現在サンプル出荷中で、両製品とも64ピンLFCSPと54ボールWLCSPパッケージが用意されている。1000個受注時の単価は「ADuCM3027」が3ドル、「ADuCM3029」が3.5ドル。量産出荷は7月を予定している。

「ADuCM3029」



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

宇宙人のメッセージ? - 太陽系から94光年離れた恒星系より"強い信号"を受信
[09:24 8/31] テクノロジー
【特別企画】若手にこそ新製品開発のチャンスを- 老舗切削工具メーカータンガロイ社員に直撃
[09:00 8/31] テクノロジー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第9回 タイトルや見出しで移動する
[09:00 8/31] 企業IT
ゼロからわかるEMC 第5回 EMCの試験 - EMS
[09:00 8/31] テクノロジー
受動喫煙による肺がんリスクは約1.3倍 - 国がんが日本人を対象に解析
[08:30 8/31] テクノロジー