IDT、5Gネットワークにも適用可能な次世代RapidIOスイッチを発表

小林行雄  [2016/02/23]

IDTは2月17日(米国時間)、4G LTE Advanced(LTE-A)や5Gといったワイヤレスインフラストラクチャシステムの開発を支える次世代RapidIOスイッチ「RXSスイッチファミリ」を発表した。

同ファミリは、RapidIO 10xN規格で求められる帯域幅要件を上回りつつ、RapidIOの特長である低レイテンシ性能を維持しているため、高いエネルギー効率でのコンポーネント間のデータ移動が可能。約100nsのポート間レイテンシ性能と、600Gbpsのスイッチング性能を備えた柔軟なノンブロッキングファブリックを備えており、最適化された5Gスイッチングソリューションを実現することが可能だという。

また、後方互換性も維持しているため、これまでのRapidIOを用いて開発されてきたハードウェアやソフトウェア資産をそのまま活用することも可能だ。

製品としては、24ポート48レーン品「RXS2448」および16ポート32レーン品「RXS1632」が用意されており、モバイルインフラストラクチャ(基地局、C-RAN、モバイルエッジコンピューティング)、データセンター(データ解析、ハイパフォーマンスコンピューティング)、航空宇宙、産業制御、防衛といった市場をターゲットとしている。

なお、いずれの製品もすでに提供を開始しており、RXS2448は、33mm×33mm 1024ピンFCBGAパッケージで、大量購入時の1個あたりの参考価格は119ドル、一方のRXS1632は、29mm×29mm 784ピンFCBGAパッケージで、大量購入時の1個あたりの参考価格は89ドルとなっている。

24ポート48レーン品「RXS2448」および16ポート32レーン品「RXS1632」のパッケージイメージ



特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

父の告白を聞いた有森也実は…『ファミリーヒストリー』
[05:15 5/26] エンタメ
[刑事7人]東山紀之主演の刑事ドラマが1年ぶり復活 7月から第2シリーズ放送へ
[05:00 5/26] エンタメ
東山紀之、『刑事7人』第2シリーズで要望「高いプロ意識で生きる男たちを」
[05:00 5/26] エンタメ
清野菜名×ディーン・フジオカのドラマ「はぴまり」原作イメージのビジュアル
[04:00 5/26] ホビー
[トリンドル玲奈]「カフェオーレ」新CMでくつろぎの表情
[04:00 5/26] エンタメ

特別企画 PR