IPA、サイバーセキュリティ注意喚起サービス「icat for JSON」公開

IPA(情報処理推進機構)は2月22日、2011年11月に公開した重要なセキュリティ情報をリアルタイムに配信する、サイバーセキュリティ注意喚起サービスの新版を「icat for JSON(アイ キャット・フォー・ジェイソン)」として公開した。

これまで提供してきた「icat」を利用するには、Adobe Flash Playerを必要だったが、今回、より安全な環境で利用可能とするため、Adobe Flash Playerの利用を前提としない「icat for JSON」が開発された。従来のicatも継続して提供される。

icat for JSONの利用イメージ

icat for JSONの機能概要

同サービスをWebサイト上で活用することにより、IPAが公開した最新の重要なセキュリティ情報の一覧を自動的に取得・表示することができるようになる。

例えば、組織のポータルサイトや会員向けWebサイト上に同サービスを設置すれば、利用者に向けてセキュリティ対策をリアルタイムに周知することが実現される。

icat for JSONを組み込んだWebサイトの表示イメージ



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事