ネオジャパン、「desknet’s NEO」クラウド版にセキュアブラウザを提供

 

ネオジャパンは2月23日、ソリトンシステムズの「Soliton SecureBrowser」の提供を受け、グループウェア「desknet's NEO」のクラウド版のオプションとして「セキュアブラウザ」を3月9日から提供すると発表した。

同社は、クラウドサービスはいつでもどこからでも利用できるのがメリットでもあるにもかかわらず、セキュリティに対する懸念からモバイル利用が進んでいないことから、モバイル利用を促進すべく、新オプションの提供に踏み切ったという。

セキュアブラウザを利用すると、外出中や自宅、出向先などの社外からの利用時に限り、クラウド上に保存された文書ファイルのダウンロードを禁止し、閲覧のみに利用を制限できる。文書ファイルが格納されたzipファイルもセキュアブラウザの中だけで展開・表示できる。利用時、端末上にデータは一切残らないため、端末の紛失や盗難対策にもなる。

内蔵のドキュメントビューア

利用にあたっては、クライアント端末に専用ブラウザアプリをインストールする。セキュアブラウザは専用のゲートウェイ・サーバを経由してdesknet's NEOにアクセスし、通常のブラウザからはアクセスできない。

セキュアブラウザの仕組み

セキュアブラウザはWindows、MacOS、iOS、Androidに対応した専用のタブブラウザだ。OSから提供されているブラウザエンジンを利用することで、通常のブラウザと変わらない使用感で、「desknet's NEO」の機能をフル活用できる。

セキュアブラウザの画面

セキュアブラウザは端末認証がないタイプとあるタイプの2種類が用意されている。

端末認証なしのタイプは、社外からの利用をセキュアブラウザがインストールされた端末のみに利用を制限でき、従業員の私用端末の業務活用に適している。月額費用は1ユーザー当たり100円。「desknet's NEO」クラウド版の契約ユーザー数と同ユーザー数での契約が必要となっている。

端末認証ありのタイプは、社外からの利用をセキュアブラウザと証明書がインストールされた端末に制限でき、会社支給の端末のみに利用を制限する場合に適している。月額費用は1デバイス当たり350円。社外からの利用を許可するデバイス数での契約となる。

「desknet's NEO」クラウド版本体の1ユーザー当たりの月額料金は400円となっている。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

管理職の半数以上が「同年代で活躍している人は3割以下」と回答
[06:30 9/1] シゴト
シュラスコ! サッカー! リオ五輪! ブラジルを丸ごと楽しむフェスタ開催
[06:30 9/1] 趣味
Motorola、「Moto Z Play」発表、Moto Modsに対応する普及帯モデル
[06:02 9/1] スマホとデジタル家電
コロチキのナダル、アメトーーク!で想像を絶する“ひんしゅく”エピソード
[06:00 9/1] エンタメ
秦の始皇帝、裏切り、迫害…過酷な少年時代が今明らかに
[06:00 9/1] エンタメ