高橋メアリージュン、美人局役でボコボコに!? 「周りの復讐劇恐ろしすぎ」

 

モデルで女優の高橋メアリージュンが、映画『シマウマ』(5月21日公開)に出演することが22日、発表された。

映画『シマウマ』新たなキャスト陣(左から、福士誠治、高橋メアリージュン、松田賢二、天乃舞衣子、脇知弘)

原作は、小幡文生氏が漫画誌『ヤングキング』(少年画報社)で2010年より連載し、累計発刊部数約150万部を突破した同名コミック。仲間たちと美人局(つつもたせ)を繰り返していた主人公・倉神竜夫が、ある日ヤクザを引っ掛けてしまったことをきっかけに、回収屋のダークヒーロー・ドラに転身する姿を描く。ドラ役の竜星涼のほか、回収屋の快楽殺人者・アカ役の須賀健太、回収屋の紅一点・キイヌ役の日南響子、回収屋を取り仕切るボス・シマウマ役の加藤雅也の出演も決定している。

2015年に公開された『みんな!エスパーだよ!』をはじめ、近年、数多くの話題作に出演している高橋。本作で演じるのは、美人局で金稼ぎをしていたドラの恋人・彩役で、劇中では回収屋にボコボコにされるシーンもあるという。今までにない激しいアクションに挑戦し、女優としての新たな一面を披露する。

高橋は、自身を「私はいつも希望を持って生きてきた方」と顧みた上で、「希望を持ったことない役を演じるのは難しく、とても勉強になりました」と新たな役どころに刺激を受けた様子。続けて、「周りの復讐劇が恐ろしすぎて悪いことはしちゃいけないなとあらためて思いましたね」と苦笑する。

また、そのほかの追加キャストも発表され、病気の子どもを抱え夫とすれ違う孤独な主婦・網川早苗役に天乃舞衣子、早苗の夫で元刑事・網川晃児役に福士誠治、ドラの情報屋でありながら早苗に恋心をいだきストーカーのように見つめる吉田役に脇知弘、彩と何らかの関係がある謎の男・北島役に松田賢二。中でも、芸歴16年の脇は「今までやってきたキャラクターが全部崩壊するんじゃないかと思われるくらい強烈な役をやらせていただきました。脇知弘の新境地をぜひ見てほしい」と呼びかけている。

(C)2015 東映ビデオ

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】ランサムウェアに引っかかった!? - Acronis True Imageのイメージバックアップで最後の砦を築いておく(後編)
[07:00 7/25] パソコン
八田亜矢子、東大クイズ合戦で「女性の強いところを見せる!」も痛恨ミス
[07:00 7/25] エンタメ
カシオの電子辞書「EX-word」、20周年記念プレスイベントで語られた歴史
[07:00 7/25] スマホとデジタル家電
JPEGはなぜここまで普及したのか? ~専門家に聞いてきた~ 第5回 JPEG 2000対応カメラが無い理由
[07:00 7/25] 企業IT
深海底のレアアース泥は堆積速度の遅い環境に存在 - 東大などがデータ解析
[07:00 7/25] テクノロジー

本音ランキング