アプリ不要のビデオ通話サービス

 

妻鳥通信工業は、独自に開発した障害者用緊急WEB通報システムのノウハウを活用し、NTTコミュニケーションズが開発した「SkyWay」を利用したアプリ不要のビデオ通話サービスシステムを構築しました。

今回のシステムの名前は「SkyRTC」と言います。ネットから電話感覚でビデオ通話ができるシステムです。呼び出し方法が2つあります。1つがランダム呼び出しというものです。一般のコールセンターと同じで、お客様が電話をすると一斉にオペレーターの着信がなります。もう一つが個別呼び出しというもので、ネット上に自己紹介を載せておくことで、個別に指定して、その人に着信を鳴らすことができます。

通話相手と画面共有やファイル等のデータ送信、チャットなどを行う機能があり、保険料の見積もりや車購入時のシミュレーションのやりとりなどに活用されています。

ネット事業者さまであれば、ネット上にお客様の相談窓口として設置していただいたり、多店舗事業主さまであれば、店舗ごとに専属のスタッフがいなくてもSkyRTCを利用して、専属のスタッフの専門知識を持った方と通話をすることができるので、そのような利用をしていただくことができます。工場などでは、機械が壊れた時でもSkyRTCをご利用していただければ、すぐにリアルタイムで問題を解決することができます。

この「SkyRTC」を使えば来店せずに相談等が可能になる為、人の視線が気になるエステや美容関係の業種への導入もすすめています。また、今後は、緊急WEB通報システムと合わせ、防災や救急医療にも応用していく予定です。


本記事は「Biz-ShowTV」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

新着記事

1人のWebエンジニアがVRアプリを2週間で作った話
[08:00 7/2] 企業IT
【連載】鉄道トリビア 第361回 箱根登山鉄道があじさいを植えた理由は観光客のためではない!?
[08:00 7/2] ホビー
【インタビュー】「ワンキュッパ」で三大キャリアに挑むY!mobile - ユーザーを取り込む積極的な取り組みについてキーマンに聞いた
[08:00 7/2] スマホとデジタル家電
【レビュー】Astell&KernのハイコスパDAP「AK70」レビュー - AK Jrの単なる強化版にあらず
[08:00 7/2] スマホとデジタル家電
がん患者、2012年は新たに86.5万人 がん研究センター推計
[08:00 7/2] テクノロジー