「だがしかし」ほたるも“ドヤ顔”でオススメ!?「ブタメン」コラボ商品が発売

 

(左から)ブタメンくんと竹達彩奈。 (c)2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子

コトヤマ「だがしかし」と、おやつカンパニーのコラボによる「ブタメン」が、本日2月22日に全国のコンビニエンスストアほかにて発売。これを記念し、アニメイト秋葉原では記者会見が実施された。

週刊少年サンデー(小学館)読者からのアイデアをもとに開発された「ブタメン」は明太マヨ味。ピリッとした明太子の辛さと、マヨネーズのまろやかな味わいが楽しめる1品だ。会見にはテレビアニメ「だがしかし」にて枝垂ほたる役を演じる竹達彩奈、「ブタメン」のマスコットキャラクター・ブタメンくん、おやつカンパニーの山口氏が登壇した。

会見では「マヨネーズの味がカップラーメンで再現できることに驚いた」と語る竹達が、「ブタメン」の明太マヨ味を紹介。「ほたるさんもきっと“ドヤ顔”で勧めてくると思います」と出来栄えに太鼓判を押した。また「明太子の味の再現に苦労した」という山口氏から開発へのこだわりが明かされ、ブタメンくんも明太マヨ味の美味しさを伝えようと、身振り手振りで記者陣にアピールしていた。

さらに「だがしかし」は「ベビースターラーメン」ともコラボレーション。こちらも読者からのアイデアをもとに開発され、主人公・鹿田ココノツのあだ名である“ココナツ”をモチーフにしたココナッツカレー味が販売される。カレーのスパイシーさを残しながら、ココナツの甘みを再現した同商品は、3月14日より順次全国のコンビニなどに並べられる予定だ。

会見の終盤には「だがしかし」コラボ商品の新味開発に貢献してくれた方々へ感謝の印として、「ブタメン」と「ベビースターラーメン」1年分が贈られることに。会場後方から待ってましたと言わんばかりに登場した「ベビースターラーメン」のマスコットキャラクター・ベイちゃんから、代表者の竹達へ賞品が授与され会見は幕を閉じた。

(c)2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

最低賃金が全国平均823円に - 2002年度以降最大上げ
[11:39 8/24] マネー
グーグルが2つ目のビデオ通話アプリ「Duo」をリリース、一体何がしたいのか
[11:36 8/24] 経営・ビジネス
故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電

本音ランキング