紡ぎ車を回して毛糸を作ろう!自分だけの毛糸やフェルトが作れるお店、吉祥寺「アナンダ」

 

紡ぎ車を回して毛糸を作ろう!自分だけの毛糸やフェルトが作れるお店、吉祥寺「アナンダ」

吉祥寺駅から徒歩7分。中央線沿いを新宿方向に進んだ高架下に「アナンダ」はあります。店内にはカラフルに染められた原毛や、たくさんの羊毛、獣毛が壁一面を飾っています。

写真の袋ひとつでなんと羊一頭分からとれる量だとか。ニュージーランドやイギリスの牧場に直接スタッフが出向いて仕入れているそう。羊毛にもたくさんの品種があり、それぞれ色合いも手触りもまったく違うんですよ。羊以外では、ヤク、アルパカ、キャメル、カシミアなどの獣毛も扱っています。

こちらは、カラー羊毛をシート状にした「ロール」と呼ばれる状態。約2メートル四方の大きさで綿菓子のようにふわふわです。
紡いで毛糸にしたり、薄く剥いでぬいぐるみやかばんを作ったり、一枚全部をフェルト化させて大きなマットにしたりと様々な用途で使えます。

糸紡ぎの講習会は予約制で毎日行っており、道具の使い方や材料の性質についてレクチャーしてくれます。「糸紡ぎ」のほか、「織り」「フェルト」「染め」などのコースがあり、講習料は1枠2時間で2,380円(材料費別)。5枠分の回数券は1万800円です。

ブレンディングボードは、色々な繊維を混ぜて梳かすための道具。パレットの上で絵の具を混ぜるように、繊維を何層かに重ねます。こうして混ぜ合わせた繊維をはがして紡ぐと毛糸になります。

紡ぎ車は、足踏みして回転させることで、繊維によりをかけて毛糸を作る道具。羊毛に溜まったよりを手で引っ張って伸ばし、ボビンへと送り込みます。初めての人でも、6〜8時間くらいの講習を受ければ感覚がつかめるそうですよ。

ふわふわの繊維が自分の手先で1本の毛糸になっていくのはちょっとした感動です。
自分だけの毛糸からデザインができるなんて、なにを作ろうか夢が広がりますね。
ハンドメイドが好きな方はぜひ体験してみてくださいね。


本記事は「ことりっぷ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアー監督、すでに続編に意欲
[14:00 7/31] エンタメ
マット・デイモン、1年間の俳優活動休止へ
[13:36 7/31] エンタメ
ウーマン・村本、ポケGO否定派叩く風潮「気持ち悪い」 - 炎上やく氏は"侮蔑"
[13:31 7/31] エンタメ
[アニメ質問状]「ツキウタ。 THE ANIMATION」 2.5次元の世界観目指す ライブシーンにこだわり
[13:30 7/31] ホビー
さまぁ~ず三村、極楽とんぼにエール「めちゃめちゃ稽古しろよ」
[13:22 7/31] エンタメ