オヤイデ、ハイレゾプレーヤー「FiiO X7」を自主回収 - 技適未取得のため

オヤイデ電気(小柳出電気商会)は、ハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「FiiO X7」を自主回収すると発表した。電波法に基づく技術基準適合証明(技適)が未取得であったため。2015年12月18日(FiiO X7の発売日)から2016年2月18日までに販売された製品が回収の対象となる。

FiiO X7

FiiO X7は、2015年12月に発売されたハイレゾポータブルプレーヤーの最上位モデル。Wi-FiとBluetoothを内蔵しているが、電波法に基づく技術基準適合証明が未取得であることが判明し、自主回収を開始した。

回収したFiiO X7は、技術基準適合証明の取得完了後、3月下旬から4月初旬にユーザーへ返却される。回収から返却までの期間、ユーザーは「FiiO X3 2nd」か「FiiO X5 2nd」を代用機として使用可能。詳しくはオヤイデ電気のWebサイトをご確認いただきたい。

技適マークおよび番号の掲載予定場所

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事