安田女子大学、演習用設備として3D Systemsの「ProJet 660Pro」を導入

 

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は2月22日、広島県の安田女子大学が米3D Systemsの3Dプリンタ「ProJet 660Pro」を導入したと発表した。

「ProJet 660Pro」は最大600万色に対応可能なインクジェット粉末積層方式3Dプリンタで、静音・安全・無臭・パウダー飛散防止などオフイス環境でも使用できることを特徴とする。

同大では、2016年4月に予定している「造形デザイン学科」の設立に先立ち企業の商品開発プロセスを体験できる「形状造形」のプロジェクトをスタートさせ、その演習用設備として「ProJet 660Pro」を導入した。原爆ドームや旧浦上天主堂の再現プロジェクトでは、現存しない建造物の数少ない写真を組み合わせ、3Dスキャナを活用して3Dデータを作成し3Dプリンタで出力することにより、再現することに成功するなどしている。

キヤノンMJは、今回の事例を活かして教育・建築・意匠分野で豊富な導入実績を誇る3D CADソフト「Vectorworks」を組み合わせた3Dソリューション事業を教育市場に展開していくとしている。

「ProJet 660Pro」



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

管理職の半数以上が「同年代で活躍している人は3割以下」と回答
[06:30 9/1] シゴト
シュラスコ! サッカー! リオ五輪! ブラジルを丸ごと楽しむフェスタ開催
[06:30 9/1] 趣味
Motorola、「Moto Z Play」発表、Moto Modsに対応する普及帯モデル
[06:02 9/1] スマホとデジタル家電
コロチキのナダル、アメトーーク!で想像を絶する“ひんしゅく”エピソード
[06:00 9/1] エンタメ
秦の始皇帝、裏切り、迫害…過酷な少年時代が今明らかに
[06:00 9/1] エンタメ