村上信五、たけしとのアート特番第2弾に喜び「大変うれしく思います」

お笑いタレントのビートたけしと、アイドルグループ・関ジャニ∞の村上信五がMCを務める日本テレビ系特番『世界! 極限アーティスト BEST20』の第2弾が、3月15日(21:00~22:54)に放送されることが22日、明らかになった。

『世界! 極限アーティスト BEST20』MCのビートたけし

この番組は、世界の最先端アートをテンポよく20連発で紹介していくもの。今回は、微速度撮影でとらえたヨーロッパのさまざまな都市を組み合わせる映像作品「ハイパーラプス」を、大泉洋が主演して、20時間以上の撮影で作り上げていくほか、清水富美加が、本物そっくりの絵画を描くアーティスト、ハワード・リーを訪問。

また、高橋大輔は自身が絵筆になって、スケートリンクでスピンすると絵の具が飛び散って色が染められていくという、プロジェクションマッピングとのコラボ企画に挑む。

たけしは「(前回の特番より)さらにエンターテイメントなアート作品をご紹介します」と自信のコメント。村上は、そんなたけしとの再共演に「大変うれしく思います」と喜びを語りながら、「作品によっては、エンターテイメントにつながることもたくさんあり、コンサートをやらせていただけている身としましては、この観点からも非常に勉強になるものですから、今回もどんな作品が見られるのか楽しみで仕方ありません!」と期待を示している。

番組ではこのほかにも、角度によって透ける彫刻アートや、繊細な布で人物を描き出すアート、そして、江戸時代の浮世絵師・歌川国芳の数々の"予言"を検証していく。

大泉洋

清水富美加

高橋大輔(Yuriko Imanaga)

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事