前代未聞の9分間…ドルト戦で審判団がロッカーへ、試合は一時中断

 

選手たちに中断を伝えたツバイヤー主審(中央)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第22節が21日に行われ、レヴァークーゼンと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦。ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンのゴールにより、ドルトムントが0-1の勝利を収めた。同試合の68分、審判団がロッカールームへ戻ったことにより、試合が一時中断となっていた。

 問題が起きたのは、オーバメヤンの決勝点が生まれた直後のこと。得点の起点となったドルトムントのFKを与えた判定に対する不満から、レヴァークーゼンのロジャー・シュミット監督が審判に抗議。シュミット監督には退席処分が下された。

 しかし、同監督は主将の元ドイツ代表FWシュテファン・キースリンクを通じてフェリックス・ツバイヤー主審に退席を拒否する伝えると、ツバイヤー主審は選手たちにプレー停止を要求し、審判団を連れてロッカールームに引き上げた。

 ドイツ紙『ビルト』によると、審判団の不在による中断時間は9分間だったという。同紙は「こんなの見たことがない!」と前代未聞の出来ごとであることを伝えたが、同主審の判断については「正しい反応を示した」と支持している。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

さんま、SMAP解散の真相は報道通り?「ほぼ間違いないと思う」
[00:23 8/28] エンタメ
小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電