雲海に出会える天空の宿ー棚田に囲まれた築200年の古民家で過ごす、ゆったり時間

 

雲海に出会える天空の宿ー棚田に囲まれた築200年の古民家で過ごす、ゆったり時間

美しい棚田が辺り一面に広がり、遠方には室生赤目青山(むろうあかめあおやま)国定公園の峰々を望むことのできる「ささゆり庵」。標高450メートルの高度にあるため、早朝には雲海が現れることもあり、「天空の宿」とも呼ばれています。

「ささゆり庵」は、築約200年のかやぶき古民家を1年がかりで改修し、2014年に誕生しました。昔ならではの木造の家屋は、夏は涼しく冬は暖かく、1年中快適に過ごせます。1日1組だけの貸し切りなので、家族や友達だけで、ゆっくり過ごすことができるのも嬉しいですね。

土間を上がってすぐに広がるのは、パノラミックな大景観を望める松板張りの20畳ほどの大広間。床の間には荘厳な雰囲気を演出する大迫力の掛け軸と鎧兜、部屋の中央には実際に使用できる囲炉裏があります。




また、お風呂場をさらに奥へと進むと、蔵を改装した秘密の隠れ部屋に繋がっています。囲炉裏机のある和室になっていて、こちらの2階の窓からも、棚田が広がる美しい景色を望むことができます。

土間の2階は、琉球畳が敷かれた約8畳のロフト部屋。ここから囲炉裏の間を見下ろすことができます。美しく組み上げられたかやぶき屋根が間近に迫る落ち着いた空間です。

夜は大広間かロフト部屋、または蔵を改装した部屋の1階か2階に布団を敷いて眠ります。ストーブや冷暖房も完備されているので、どんな季節でも安心ですね。

この宿にはテレビも時計もありません。ゆっくりと流れる時間の中で、数百年前の日本人の暮らしに想いを馳せながら過ごせば、日常の慌ただしい生活を少しの間忘れることができそうですね。


設備の整ったモダンなIHキッチンには、大きな一枚杉板のテーブルと、絶景を眺めながら食事ができるカウンターチェアがあります。食器洗浄機やコーヒーマシン、各種調理器具も用意されています。

建物は年代物でも、水回りは最新式で清潔です。宿内には、ウォシュレット機能付きの水洗トイレが2箇所設置されています。

お風呂は広々とした檜風呂。大和地方で取れる天然生薬を配合した薬用入浴剤を入れて、リラックスタイムを楽しみましょう。


夕食は食材を持ち込んでの自炊、または事前に予約すればケータリング料理を依頼することもできます。写真は、囲炉裏特別料理の「鉄鍋ミスジ牛肉のしゃぶしゃぶ」(7,500円/名)。囲炉裏に火を入れて鍋を囲めば、楽しい団欒のひとときが過ごせそうですね。

その他、地元料亭が手がける会席料理(10,000円〜)やミシュラン一つ星レストラン「万惣」のシェフが作る和食(13,000円〜)などのコースも用意されています。

朝食は自炊のみになるので、事前の準備をお忘れなく。


深野の自然を満喫したいなら、宿の前にある棚田や畑で農作業体験をしたり、周辺の国定公園内にある赤目四十八滝や峰々でトレッキングも楽しめます。季節によって、ガイドによる案内付きの様々なエコツアーが組まれているので、事前に問い合わせてみましょう。無料レンタルの自転車で、周囲をのんびりサイクリングするのもおすすめです。

カヌーやバイク、ヨガマットなどの貸し出しも行っています。絶景のテラスで朝日を浴びながらストレッチすれば、身も心もシャキッと引き締まりそうですね。

美しい里山の原風景が残る特別な宿で、都会では得られない最高の癒しを堪能しましょう。


本記事は「ことりっぷ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

女になったKABA.ちゃん、目標はグラビア「女性の部分でできなかったことを」
[15:57 9/28] エンタメ
宇都宮LRT整備事業、国土交通省が正式に認定 - 2019年12月の運行開始めざす
[15:57 9/28] ホビー
山田孝之、映画『ジョジョ』史上最低の殺人鬼役に「たぶん素に近い」
[15:50 9/28] エンタメ
メルセデス・ベンツ、クラス初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」発売
[15:47 9/28] テクノロジー
JPCERT/CC、OpenSSLの脆弱性に注意喚起
[15:46 9/28] 企業IT