バルサ、今季PK成功率はわずか50%…欧州5大リーグで獲得も失敗も最多

 

スポルティング戦でPKを失敗したスアレス [写真]=Getty Images

 現在、2シーズン連続の3冠という前人未到の偉業達成に向け、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの“MSNトリオ”がゴールを量産しているバルセロナだが、その一方でペナルティ・スポットでは世界王者らしからぬ姿を見せている。

 バルセロナは17日、昨年末のFIFAクラブ・ワールドカップ出場により延期されていたリーガ・エスパニョーラ第16節のスポルティング・ヒホン戦に3-1で勝利し、2位アトレティコ・マドリードに6ポイント差、3位レアル・マドリードに7ポイント差を付けた。だがこの試合では、67分にチーム3点目を決めたスアレスが、その直前の62分にPKを失敗している。

 今シーズン、大黒柱のメッシも代役1番手のネイマールもPK成功率が低いため、スアレスにキッカーの役目を与えたものの、この試みも失敗に終わったバルセロナ。今シーズンのPK獲得は12回と、レスターの10回、バイエルンの8回を上回り、ヨーロッパ5大リーグ(スペイン、イングランド、イタリア、ドイツ、フランス)で最多となっている。だが、その一方でPK失敗も6回と、レンヌの4回、アタランタの3回を上回り、やはり最多となっている。

 バルセロナのこの低調なPKの数字は公式戦全体でも変わらず、獲得16回のうち失敗8回と成功率はわずか50パーセントに止まっており、クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチも「もし自分がPKを蹴らなければならない時に備えて準備はしてある」と、スポルティング・ヒホン戦後のインタビューで話している。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

テラハ新シリーズの舞台はハワイ! 新メンバー出演番組のライブ配信も決定
[01:00 9/27] エンタメ
[テラスハウス]海外初進出 新シリーズはハワイで展開
[00:31 9/27] エンタメ
TVアニメ『orange』が映画化! 『orange -未来-』が11/18より2週間限定公開
[00:00 9/27] ホビー
[パトレイバー]後藤隊長カレンダーが「月刊!スピリッツ」付録に 「みんなで幸せになろうよ」
[00:00 9/27] ホビー
[にゃんこデイズ]テレビアニメ化決定 擬人化したネコと人見知りの少女の日常描いた4コママンガ
[00:00 9/27] ホビー