J3長野、選手スタッフが乗車したバスで火災発生…全員無事と報告

 

長野パルセイロの選手(写真は昨年8月のもの) [写真]=Getty Images

 AC長野パルセイロは21日、選手スタッフが乗車していたバスで火災が発生していたことを報告した。

 事故が発生したのは、20日14時50分ごろ。九州自動車道の肥後トンネル内を走行中に、エンジン付近から出火した。約20分後に鎮火したが、この火災により上下線で1時間20分間にわたって通行止めとなり、最大8キロ渋滞することとなった。

 当該バスはトップチームの選手スタッフが貸切乗車していたが、乗務員を含めて全員が安全に避難し、ケガ等は発生しなかった。

 クラブは、「サポーターのみなさん並びに関係者の皆様にたいへんご心配をおかけしましたことお詫びいたします。ご報告が遅くなり、たいへん申し訳ありませんでした」と声明を発表した。



本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ドコモと仙台市、ドローンなどICT利用で活力ある街作りで連携
[10:15 8/30] 企業IT
プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由
[10:06 8/30] 企業IT
中居正広、記念日を大切にする結婚生活「地獄としか…」
[10:02 8/30] エンタメ
Hot Chips 28 - 冒頭を飾った注目の「ARM Bifrost GPU」の発表
[10:00 8/30] テクノロジー
【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由
[10:00 8/30] テクノロジー