伊紙採点、フル出場の長友に及第点…インテルの3戦ぶり勝利に貢献

 

サンプドリア戦にフル出場した長友佑都(左) [写真]=Getty Images

 セリエA第26節が20日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとサンプドリアが対戦。インテルが3-1と快勝し、3試合ぶりの勝利を収めた。長友はフル出場を果たしている。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。フル出場の長友には「6」をつけた。(最低1点、最高10点)

 寸評では、「スパートして攻撃を仕掛ける(ジョナタン)ビアビアニーのボディーガードを務めた。ナガトモのサイドでは(ホアキン)コレアが仕事をしたが、この種の選手には悩まされるものだ」と、及第点の評価が記された。

 インテルの最高点はフランス人FWジョナタン・ビアビアニーの「7」、最低点はクロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチで「5」だった。

 次節、インテルは28日に敵地でユヴェントスと対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

岡田結実、母との初共演に「何を言われるのかドキドキした」
[10:00 10/1] エンタメ
霊山に巨石がゴロゴロ!神の島誕生の秘密が明らかに『ブラタモリ』
[10:00 10/1] エンタメ
『宇多田ヒカル~ライナーノーツ~』60分拡大版を放送
[10:00 10/1] エンタメ
ジョニー・デップ、『オリエント急行殺人事件』リメイク版に出演決定
[10:00 10/1] エンタメ
劇場版『マジェスティックプリンス』、本編上映後にオリジナルボイスドラマ
[10:00 10/1] ホビー