トッティ、退団を示唆「ローマにいられない」…出場機会に不満か

 

ローマでプレーするトッティ [写真]=Getty Images

 ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが現状に不満を吐露した。20日付のイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 先月9日に行われたセリエA第19節の日本代表FW本田圭佑が所属するミラン戦で太もものケガから復帰したトッティ。しかし、その後指揮官に就任したルチアーノ・スパレッティ監督の下ではベンチを温める日々が続き、出場機会に恵まれない状況が続いている。

 トッティは、「フィジカル的に体調は良いし、僕はプレーしたい」と万全のコンディションであることを強調。さらに、「ケガはもうない。プレーしていないのは、戦術的な決定だよ」と出場機会の少ない現状を説明した。

 現在39歳のトッティは、ローマとの契約期間が6月30日で満了となる。プレー時間の少なさを不満に思っている同選手は、「このような状況ではローマにはいられない。ベンチに置かれることで私は傷つけられている」と、1993年のトップチームデビュー以来在籍してきたクラブを離れる可能性を示唆した。

 その上で、「僕は年齢によってプレーできなくなってきていることを理解している。だけど、男として、あと僕がローマに与えてきた功績を考えると、このようなキャリアの終わり方は悪すぎる」と、クラブや指揮官が対応を改善するように求めた。

 これまでのキャリアで公式戦通算721試合に出場してきたトッティだが、今シーズンのリーグ戦ではわずか5試合、213分間のプレーにとどまっている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ADI、中間周波数レシーバ/トランスミッタの新製品を発表
[19:31 9/26] テクノロジー
シャープ、プラズマクラスター技術による結核感染リスクの低減効果を発表
[19:20 9/26] ヘルスケア
ON Semi、低照度産業用イメージングに適した8メガピクセルイメージセンサ
[19:11 9/26] テクノロジー
[沢村一樹]朝ドラ初出演に抱負?「とにかくさわやかに」
[19:09 9/26] エンタメ
日本鉱物科学会が「日本の石」にひすい選定
[19:00 9/26] テクノロジー