『真田丸』出演 高木渉「僕は49歳の“新人”ですから」

 

s-20160301_sanadamaru_2

大河ドラマ『真田丸』で小山田茂誠を演じて、一気に注目を集めた高木渉。役者としては“新人”だけど、本職の声優としては、『名探偵コナン』の小嶋元太や『ゲゲゲの鬼太郎』のねずみ男、『GTO』の鬼塚英吉などの声を筆頭に、洋画の吹き替えでも活躍しているベテラン声優だ。

「僕は49歳の“新人”ですから」

ドラマが始まった当初、番組HP中の人物紹介のコーナーで、主人公の信繁を抑えて検索された数が2位にもなった。ちなみに1位は真田丸。

「とにかくびっくりしました。あらためて『真田丸』はみなさんに注目されているんだな、と感じました」

舞台の経験はあるものの、映像の役者としてのデビューが今回の大河ドラマ。オファーが来たときの気持ちを聞いてみた。

「足が地についていませんでしたよ。情報解禁されるまでは、直前になって変えられてしまうのでは、と不安になったり(笑い)。

三十郎を演じている迫田(孝也)くんとは舞台で共演して知っているのですが、(当初の)キャスト発表で名前がなかったとき“渉さん、僕たちは秘密兵器ですよ”“秘密のまま終わらなければいいけどね”なんてメールでやりとりをしたり(笑い)」

いざ放送が始まり、声だけではなく顔を出しての演技を見たときの気持ちは?

「自分で自分の映像や演技を見るのはこっ恥ずかしいですね(笑い)! 自分なりに反省点ばかりですが、放送後にたくさんの方々に注目していただいたのはうれしかったです。三谷(幸喜)さんの脚本のおかげですね。まだ映像には慣れませんが、新たな環境で刺激があってとても楽しいです。

早く撮影に慣れて、自分がどう映っているかを想像しながら演技できるようになれたらいいなと思います」

そして話題になっているのが木村佳乃演じる、まつとのラブラブな夫婦の様子。見ているほうがテレてしまうくらいだけど?

「まつと茂誠の夫婦は、ふたりが真田家にいるとすごく温かい空気が流れるというか、ほのぼのするというか、真田家の絆をつないでいくのがふたりの役割だと思っているんですよ。

佳乃さんも、“家族の中に笑いが起きちゃうくらいの明るい夫婦を作っていきましょう”と言ってくれまして。僕なんか、佳乃さんが奥さんというだけで超緊張しているんですが(笑い)」

お互いの名前の呼び方も、夫婦を演じるためにと、“佳乃さん”“渉さん”と下の名前で呼び合おうと提案したという。これからも視聴者はラブラブっぷりにあてられる?

「実年齢は僕のほうがずっと上ですけど、ドラマではまつのほうが茂誠より年上で、姉さん女房なんです。でも『真田丸』が終わるまでに、まつを引っ張っていけるくらいに頼りがいのある茂誠になりたいですね」

撮影/坂本利幸


本記事は「週刊女性PRIME」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

楽天、世界のビジネスを要約するgetAbstractへ出資
[21:13 7/28] 企業IT
日本HP、バッテリ駆動で最大500枚まで印刷できるA4インクジェット複合機
[20:54 7/28] パソコン
MSI、マザーボードにマウスなどハンドルしたGAMING KITをPCワンズで販売
[20:51 7/28] パソコン
KDDI、カメラの使いやすさを追求したシニア向けスマホ「BASIO2」8月5日発売
[20:49 7/28] スマホとデジタル家電
「ポケモンGO」専用のSIMカードを日本通信が発売 - 1,500円で30日か1GBまで
[20:40 7/28] スマホとデジタル家電

本音ランキング