石川直宏、映画『BAILE TOKYO』舞台挨拶で思いを明かす「もっと歴史を積み重ねたい」

 

石川直宏が映画『BAILE TOKYO』の舞台挨拶でクラブへの思いを明かした

 東京をホームタウンとするFC東京の激動の2015シーズンを追ったドキュメンタリー映画『BAILE TOKYO』が、2月20日より新宿バルト9ほかにて全国公開された。

 公開を記念して、スペシャルゲストのFC東京の石川直宏、FC東京の大ファンでTBS系「日立世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターで大活躍中の大杉亜依里さん(TOKYO GIRLS RUN)、榊原有佑監督による初日舞台挨拶イベントを実施。暴風、大雨の悪天候にもかかわらず、会場はFC東京を愛する人たちで満席となった。

 トークイベントMCとして、FC東京の熱狂的サポーターでお笑い芸人ゆってぃが登場すると、場内は大盛り上がり。続いて、FC東京選手を代表して来場した石川は、自分のキャラクターが描かれた『BAILE TOKYO』×文原聡(スタジオクロコダイル)コラボTシャツを着て登壇した。

「一番最初に観た時、泣きそうになりました。選手である自分とチーム、サポーター、ファンが全てリンクする瞬間がなんどもあって、感動しましたし、もっと歴史を積み重ねたいなと思いました」と、石川は映画の感想をコメント。自身のリハビリシーンについては、「トレーニングルームは、なかなか取材はないところなので恥ずかしかったですが……。最初は撮影するのを意識しましたが、段々慣れてくると本音を伝えたいな、という気持ちも出てくるので、イイ距離感があったと思いました」と撮影秘話を明かした。

「映画の中で自分がいる時も、いない時もあったのですごく客観的に見れました、自分が見ていない視点からも見れたので。新鮮な部分もたくさんあって、例えば、試合に負けているシーンでは、こういうところで撮ってたんだなーとか、ああいう表情してたんだなーとか、客観的に見れて当時をよみがえらせるとか。リアルな感じがそこにありました」と魅力を話し、映画をPRした。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ICONIQ改め伊藤ゆみ、グラビア初挑戦! 大胆ヌードで美ボディ披露
[16:08 8/29] エンタメ
島津製作所、乳がんの転移診断を支援する近赤外光カメラシステムを発売
[16:00 8/29] テクノロジー
東大、リチウムイオン電池の電解液として機能する「常温溶融水和物」を発見
[15:46 8/29] テクノロジー
現在の収入に「満足」48.1% - 資産・貯蓄に「不満」は過半数
[15:43 8/29] マネー
三井住友銀行をかたるフィッシングメールに注意 - JPCERT/CC
[15:43 8/29] 企業IT