【東福岡/注目選手5】充実の3年目に…小柄なヘディンガーDF小田逸稀

左サイドバックでプレーする小田逸稀[写真]=兼村竜介

 平成27年度全国高校総合体育大会(インターハイ)、第94回全国高校サッカー選手権を制した東福岡高校。主将の中村健人(明治大学進学)や守備の要を務めた福地聡太(同志社大学進学)など多くの主力メンバーがチームを離れた。しかし、新チームで迎えた第37回九州高校(U-17)サッカー大会では大津高校を破り、優勝を手にした。今シーズンも躍動が期待される東福岡の注目選手を紹介する。

【東福岡/注目選手vol.5】DF小田逸稀

 173センチと上背はないが、高い身体能力と天性のバネを持つ彼は、ヘディングに絶対の自信を持つ。

 得意のヘディングと高い守備力を駆使し、左サイドバックで活躍。センターバックの児玉慎太郎らとともに組織的な守備を構築し、チームを優勝に導いた彼だが、昨年の自分に大きな不満を抱いている。

「選手権ではヘディングが得意なのにセットプレーからゴールを奪えなかった。トラップやキックの質も全然足りなかったので、それをもっと高めて、納得のいくようにしたい」と、今年は攻撃面での成長を固く誓う。

文=安藤隆人


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事