【東福岡/注目選手6】アンカーとして攻守に躍動…“ヒガシの心臓”鍬先祐弥

 

攻守の鍵となる鍬先祐弥[写真]=瀬藤尚美

 平成27年度全国高校総合体育大会(インターハイ)、第94回全国高校サッカー選手権を制した東福岡高校。主将の中村健人(明治大学進学)や守備の要を務めた福地聡太(同志社大学進学)など多くの主力メンバーがチームを離れた。しかし、新チームで迎えた第37回九州高校(U-17)サッカー大会では大津高校を破り、優勝を手にした。今シーズンも躍動が期待される東福岡の注目選手を紹介する。

【東福岡/注目選手vol.6】MF鍬先祐弥

 選手権ではアンカーとして正確な長短のキックを駆使し攻撃を巧みにコントロールし、守備面では読みの鋭さでボール奪取力を発揮。準決勝の星稜高校戦では鮮やかなミドルシュートを決めるなど、陰のMVP的な存在となった。

 今年はチームの心臓として、より存在感を発揮しなければいけない。「ヒガシとして負けることは許されない。このプレッシャーを楽しみながらやっていきたい」

 明晰な頭脳を持ち、度胸も十分に座っているこの男なら、間違いなく今年もその才を振るってくれそうだ。

文=安藤隆人


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

デリヘル題材にした「フルーツ宅配便」1巻、女性たちが抱える問題描く
[22:45 7/29] ホビー
かっぴーの初単行本「SNSポリス」「おしゃ家ソムリエ」が2作同時発売
[22:37 7/29] ホビー
[篠原信一]実は冷え性 椿鬼奴と話題の「酢ショウガ」生活に挑戦
[22:36 7/29] エンタメ
マガポケ1周年で、マンガ16冊無料公開や「いいカラダ」投票など企画満載
[22:33 7/29] ホビー
TVアニメ『食戟のソーマ 弐ノ皿』、第5話のあらすじ&先行場面カットを公開
[22:30 7/29] ホビー