乾の追撃ミドル弾も実らず…エイバル、敵地でセルタに3失点喫し敗戦

  [2016/02/21]

 リーガ・エスパニョーラ第25節が20日に行われ、セルタとMF乾貴士が所属するエイバルが対戦した。

 8位セルタは前の試合でバルセロナ相手に1-6と大敗。ホームで5試合ぶりの白星を目指す。一方、前節レバンテを下して連敗を脱出したエイバルは6位と好調を維持。乾は2試合連続で先発メンバーに名を連ねている。

 序盤から試合の主導権を握ったのはセルタ。まずは8分、カウンターからイアゴ・アスパスがシュートチャンスを迎えると、14分には右サイドからのクロスにダニエル・ヴァスが合わせたが、いずれも得点とはならなかった。

 セルタが先制点を奪ったのは31分。相手DFのクリアミスを前線で拾ったアスパスがエリア内左にラストパス。これを受けたヨン・グイデッティがループシュートでネットを揺らした。さらに39分、エリア手前左からテオ・ボンゴンダがミドルを狙うと、DFに当たってコースが変わったシュートがゴール右上に吸い込まれ、セルタがリードを広げる。

 エイバルは後半に入り58分、左サイドでボールを持った乾のクロスにボルハ・バストンが飛び込んだが、うまく合わせることができない。逆に69分、セルタはパス交換で敵陣に攻め込むと、右からのクロスにゴール前のグイデッティが合わせてこの日2点目をマーク。スコアは3-0となった。

 ところがエイバルもここから反撃を見せる。84分、B・バストンがPKを決めて1点を返すと、87分にはエリア手前左から乾が右足ミドル。これがゴール右下に決まって、1点差に詰め寄った。

 だが、残り時間で同点ゴールを奪うことはできず、試合は3-2で終了。逃げ切ったセルタが5試合ぶりの勝利を手にした。なお、乾はフル出場している。

 次節、セルタは27日に敵地でヘタフェと、エイバルは26日にホームでラス・パルマスと対戦する。

【スコア】
セルタ 3-2 エイバル

【得点者】
1-0 31分 ヨン・グイデッティ(セルタ)
2-0 39分 テオ・ボンゴンダ(セルタ)
3-0 69分 ヨン・グイデッティ(セルタ)
3-1 84分 ボルハ・バストン(エイバル)
3-2 87分 乾貴士(エイバル)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジョニー・デップの弁護士、アンバー・ハードのDV主張に反論
[08:30 6/1] エンタメ
Red Hat、「Ansible」最新板はコンテナ・Windows・Azureに対応
[08:30 6/1] 企業IT
Qualcomm、活動量計など省電力ウエアラブル向SoC「Wear 1100」発表
[08:18 6/1] 携帯
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - 世界初の17インチ2-in-1 PC「Inspiron 17 7000」、実機はかなりの存在感
[08:03 6/1] パソコン
【連載】鉄道ニュース週報 第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
[08:00 6/1] ホビー