合宿敢行のインテルがサンプ相手に3発快勝…長友は4戦連続フル出場

 

ゴールを喜ぶインテルの選手たち [写真]=Inter via Getty Images

 セリエA第26節が20日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとサンプドリアが対戦した。

 前節フィオレンティーナに敗れた5位のインテルは、2016年に入ってから公式戦10試合で3勝と苦戦。不振を脱すべく集中合宿を行って今節に臨んだ。長友は4試合連続で先発メンバーに名を連ねている。一方、第18節以降、白星がないサンプドリアは17位と苦戦。敵地での一戦で勝ち点3を獲得して復調のきっかけとしたい。

 最初にチャンスを作ったのはサンプドリア。13分、エリア内右でスルーパスを受けたファビオ・クアリアレッラが右足で狙ったが、シュートは枠の左に逸れた。

すると27分に試合が動く。右CKを得たインテルは、ファーサイドに流れたボールをダニーロ・ダンブロージオが押し込み、先制点に成功した。

 前半は互いに枠内シュートが1本と、なかなかチャンスが作れないままハーフタイムを迎えた。

 後半に入るとインテルが主導権を握る展開となり、57分に再びセットプレーから得点を奪う。左CKをファーサイドのフェリペ・メロが折り返し、最後はミランダがヘディング。GKがなんとか弾き出したが、シュートはゴールラインを割っており。得点が認められた。

 インテルはさらに73分、自陣からのスルーパスでDFラインの裏を取ったマウロ・イカルディがGKと1対1の局面を迎えると、左足でゴール右に流し込み、決定的な3点目をマークした

 サンプドリアは後半アディショナルタイムにクアリアレッラがエリア内右から右足シュートでネットを揺らしたが、反撃もここまで。試合は3-1で終了のホイッスルを迎え、合宿を敢行したインテルが3試合ぶりの勝利を収めた。

 次節、インテルは28日に敵地でユヴェントスと、サンプドリアは同日にホームでフロジノーネと対戦する。

【スコア】
インテル 3-1 サンプドリア

【得点者】
1-0 27分 ダニーロ・ダンブロージオ(インテル)
2-0 57分 ミランダ(インテル)
3-0 73分 マウロ・イカルディ(インテル)
3-1 90+2分 ファビオ・クアリアレッラ(サンプドリア)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (10) 関数の定義方法
[07:30 9/26] 企業IT
松坂屋上野店で秋の行楽グルメフェア--魚屋の"おにぎらず"や浅草今半弁当も
[07:30 9/26] 趣味
東京都内をアートで埋め尽くす! 街がギャラリーになるアートと音楽の祭典
[07:30 9/26] 趣味
ブラッド・ピット、長男と大げんか - アンジーが離婚決断する原因に?
[07:18 9/26] エンタメ
“M字開脚”インリンは今…『深イイ話』で密着取材
[06:00 9/26] エンタメ