同点弾の神戸U-18向井「まずは神戸で日本一。そして東京五輪を目指したい」

 

同点弾を決めた向井章人(ヴィッセル神戸U-18)[写真]=野口岳彦

 20日、「FUJI XEROX SUPER CUP2016」の前座試合として「NEXT GENERATION MATCH」が行われ、U-18Jリーグ選抜と日本高校サッカー選抜が対戦。高校選抜がFW旗手怜央(静岡学園高校)の得点で先制するが、U-18Jリーグ選抜の向井章人(ヴィッセル神戸U-18)が同点ゴールを挙げ、1-1のドローに終わった。

 向井は、35分ハーフで行われた試合の43分から出場。「本当はスタメンで出たかったけど、大槻(毅)監督やスタッフが、自分は後半から入って点を取ることが役目だと、モチベーションを上げてくれた」という周囲からの期待に応え、途中出場からわずか5分後に貴重な同点弾を決めた。
 
 得点場面については「(梶山)幹太(名古屋グランパスU18)がいいパスをくれた。自分がゴールを取ることで喜んでくれる人たちがいるので、決まって良かった」と振り返り、「高校に入ってこのような選抜に呼ばれたのは初めてだったけど、すごく楽しかった」とコメント。続けて、「日産スタジアムのような大きなピッチで試合をしたのは初めてだった。これからもっとこういう場所に立ちたい」と意気込んだ。

 過去6度の「NEXT GENERATION MATCH」に出場した選手の多くが、Jリーグや年代別代表、そしてA代表へと羽ばたいている。2020年“東京五輪世代”に当たる向井は、今後に向けて、「まずは今年、神戸で日本一になりたい。それから年代別代表に入って東京五輪ではメンバーに選ばれるように、選ばれたら日本のために全力で戦いたい」と、抱負を語った。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

AIで働き方改革!面倒な手書き文書をデータ化する「AI inside」
[10:27 8/24] 企業IT
ネットチャート、地域医療連携を促進する医療用画像のクラウド共有サービス
[10:25 8/24] 企業IT
2016年第2四半期国内PC出荷台数、シェアトップはNECレノボ - IDC
[10:08 8/24] 企業IT
米Pinterestが“あとで読む”サービスの米Instapaperを買収
[10:07 8/24] スマホとデジタル家電
スカイアーチネットワークスとIBC、マネージド・サービス強化を目的に協業
[10:00 8/24] 企業IT