FC東京、新加入のU23代表DF室屋成の手術を発表…全治は約3カ月

 

AFC U-23選手権でプレーしていた室屋成 [写真]=Getty Images

 FC東京は20日、U-23日本代表DF室屋成が手術を行ったことを発表した。

 11日のトレーニング中に負傷した室屋は、左足ジョーンズ骨折(第5中足骨基部骨折)と診断されており、19日に手術を施行した。全治までは約3カ月だという。

 現在21歳の室屋は青森山田高を経て明治大に進学すると、昨年はFC東京の特別指定選手に登録されていた。各年代の日本代表としてもプレー経験があり、先月行われたAFC U-23選手権2016では、唯一の大学生選手として全6試合中5試合に先発出場し、同大会制覇に大きく貢献した。5日には、大学に在学しながらFC東京とプロ契約を結んでいた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

アークン、IDCFクラウド法人ユーザーの仮想サーバ用セキュリティサービス
[12:14 8/30] 企業IT
アグリーメント、営業支援パッケージにデータ分析用テンプレートを追加
[12:00 8/30] 企業IT
【連載】Hadoopによるビッグデータ分析基盤設計入門 (3) DWH/RDBMSとHadoopの特徴比較
[12:00 8/30] 企業IT
兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第76回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(17) テレワーク
[12:00 8/30] 企業IT
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第336回 ガラガラゲット
[12:00 8/30] 趣味