FC東京、新加入のU23代表DF室屋成の手術を発表…全治は約3カ月

 

AFC U-23選手権でプレーしていた室屋成 [写真]=Getty Images

 FC東京は20日、U-23日本代表DF室屋成が手術を行ったことを発表した。

 11日のトレーニング中に負傷した室屋は、左足ジョーンズ骨折(第5中足骨基部骨折)と診断されており、19日に手術を施行した。全治までは約3カ月だという。

 現在21歳の室屋は青森山田高を経て明治大に進学すると、昨年はFC東京の特別指定選手に登録されていた。各年代の日本代表としてもプレー経験があり、先月行われたAFC U-23選手権2016では、唯一の大学生選手として全6試合中5試合に先発出場し、同大会制覇に大きく貢献した。5日には、大学に在学しながらFC東京とプロ契約を結んでいた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー