東芝、「日本の美」デザインのポータブルHDDプレミアムモデル

 

東芝は20日、ポータブルHDD「CANVIO PREMIUM」を発売した。価格はオープンで、店頭予想価格は1TBモデルが14,000円前後、2TBモデルが21,000円前後、3TBモデルが27,000円前後(いずれも税込)。

CANVIO PREMIUM

"日本の美"をイメージし、アルミボディを採用したUSB 3.0対応ポータブルHDD。表面にブラスト加工とアルマイト処理を施し、素材感を活かしながら高級感を演出。エッジ部は手持ち時のホールド感の良さからダイヤカット加工を採用し、合わせて日本刀のように輝く印象を持たせたという。

簡潔美や上質感、機能美といった日本の美をイメージしたデザイン

搭載するインタフェースはmicroUSB 3.0(Type-B、セパレート型)で、対応USBケーブルが付属するほか、USB Type-C変換アダプタの同梱により、Type-C搭載PCなどの外付HDDとして使用できる。また、バックアップソフト「ファイナル丸ごとバックアップ」が付属する。

本体サイズは、1TB/2TBがW78×D109×H18.5mm、3TBモデルがW78×D109×13mm。対応OSはWindows 7 / 8.1 /10、OS X 10.7 / 10.8 / 10.9 / 10.10 / 10.11。対応テレビ / レコーダは、USBハードディスク録画対応のレグザ、レグザブルーレイ、レグザサーバー。

PCとの接続イメージ

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事