センチュリー、テレビや冷蔵庫まで動かせて「いざという時」に便利な電源装置

 

センチュリーは18日、UPS(無停電電源装置)としても利用できる家庭用600W蓄電源「停電の見張り番 -BLACKOUT GUARD- (BG-600Pro)」を発表した。発売は2月下旬で、価格はオープン。

停電の見張り番 -BLACKOUT GUARD- (BG-600Pro)

BG-600Proは、家庭用のコンセントで蓄電可能なリチウム600W蓄電源。約3時間で最大768Wの蓄電が可能で、出力ポートにAC100V用のコンセントをひとつ、さらに携帯電話やスマートフォンなどを充電できるUSBポート×2基を搭載する。このため、スマートフォンやノートパソコンへの充電はもちろん、家庭用の冷蔵庫やテレビにも使用可能だ。スマートフォンならばフル充電で約90回、消費電力200Wの500Lサイズ冷蔵庫なら、停電時でも約20時間利用できるという。

電池には発火などの危険性が少なく、メモリー効果がない「リン酸鉄リチウム電池」を採用。電池寿命は、コンセントから充電し、繰り返し約3,000回使える。

さらに、「停電時自動切替機能」(簡易UPS機能)も搭載。コンセントと機器の間に本製品を接続しておけば、突然の停電時でも0.01秒以内に蓄電した電気を供給開始する。また、本体には災害時の情報収集に便利な「AM/FMラジオ」に、停電時の照明となる「LEDライト」も搭載する。本体サイズは約W510×D160×H350mmで、重量は約19kg。

人気記事

一覧

新着記事

新しいデザイン言語でリニューアル - デル、14型/15.6型ノートPC「New Vostro」発表会から
[08:50 9/29] パソコン
ドスパラ、NUC規格準拠のクリエイター向け小型PCにSkylake搭載モデル
[08:34 9/29] パソコン
ビル・ゲイツ氏へ生Skypeのハプニングも! MSの働き方変革が生んだもの - ワークスタイル変革DAY
[08:30 9/29] 企業IT
Facebookが女性支援イベントで教えた「Facebookページ運用」の問題点
[08:00 9/29] 企業IT
アン・リー監督最新作、来年2月公開! アメリカ社会の"今"を描く
[08:00 9/29] エンタメ