約1年ぶり復帰のシャヒンにドルト指揮官も興奮「彼を温存してはおけない」

 

交代後にトゥヘル監督(中央右)と抱き合うシャヒン(中央左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、18日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦でポルトと対戦し、2-0で勝利を収めた。試合後の記者会見に応じたトーマス・トゥヘル監督のコメントを日本語版クラブ公式サイトが伝えた。

 トゥヘル監督は先勝したものの、「まだハーフタイムだ。ポルトはダニーロ・ペレイラやマキシ・ペレイラが戻ってクオリティーを上げてくるだろう。ホームの熱いファンの前ではベストの戦いを見せるはずだ。」と敵地でのセカンドレグを警戒。「うちのチームには、今日と同様のトップパフォーマンスを披露して次のラウンドに進んでくれることを期待している。しっかり準備し、最高の戦いをする必要がある」とすでに第2戦を見据えた。

 この日、長期離脱を強いられていたトルコ代表MFヌリ・シャヒンが2015年2月28日以来、355日ぶりに復帰を果たした。先発出場で高パフォーマンスを見せると、トゥヘル監督も興奮を隠せなかった。

「ヌリは最高だったね。もはや彼を温存してはおけない。もう何週間も前から彼は試合に出たくてうずうずしていた。練習では毎セッション、本当によくやっている」

「最近、彼にこう話した。『ヌリ、できれば君のために親善試合を組んで、そこで復帰してもらいたい。長期離脱で失ってしまった試合感を取り戻せるようにね。だがその試合をいつ組めるかわからない』とね。すると彼は『親善試合など必要ありません。準備はできています』と答えたんだ」

「そのとおりだったね。本人の言葉を信じて起用したが、うまくいってとても満足している。あれほど長く戦列から離れていたのに、ピッチであのようなプレーを見せられるのは本当に素晴らしいよ。彼は常に集中し、精度の高いパスを出し、頭を使ってプレーできる選手であり、我々が数的有利に立っているスペースを見つけるのがうまい。見ていて楽しかったね」

 ドルトムントは、21日に行われるブンデスリーガ第22節のレヴァークーゼン戦をはさんで、25日にELポルト戦セカンドレグに臨む。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[バナナマン・設楽]日村からの“サプライズ”に困る 人気の柴犬「まる」も登場
[21:03 7/24] ホビー
都知事候補の女子大生淫行疑惑、巨人エースのお持ち帰り、ASKAの新ブログ - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5
[21:00 7/24] エンタメ
[中川翔子]ポケモン映画に10年連続でゲスト出演 「サトシの人生一人分!」の歴史に感無量
[20:37 7/24] エンタメ
[市川染五郎]「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」で初アニメ声優 「ギャップを楽しんで」
[20:19 7/24] エンタメ
ハルとアキ 第46回 自信なんてないよ
[20:00 7/24] ライフスタイル