『レヴェナント』監督、L・ディカプリオの演技は「監督人生初の素晴らしさ」

 

第88回アカデミー賞で最多12部門にノミネートされた俳優レオナルド・ディカプリオ主演『レヴェナント:蘇えりし者』(4月22日公開)のキャストやスタッフらがお互いたたえ合う特別映像が19日、公開された。

映画『レヴェナント:蘇えりし者』でヒュー・グラスを演じているレオナルド・ディカプリオ

2015年、オスカー4冠に輝いた『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督・脚本・製作を務める本作は、一人の男のサバイバル・アドベンチャーと人間の偉大な精神力を描いた作品。『ギルバート・グレイプ』(93年)をはじめ過去4作で、アカデミー賞にノミネートを果たすもいまだ無冠のディカプリオは、悲願のオスカー獲得を狙っており、2013年の俳優休業宣言を覆して出演を快諾したこともあり、格闘シーンで鼻を折るほどの熱演を見せる。

公開された映像のなかで、イニャリトゥ監督はディカプリオを「目だけで全てを語ることのできる俳優」と表現。続けて、「わずかなセリフだけで、複雑に入り組んだ感情を同時に表現できる。身体や目で演技するんだ」としつつ、「彼の演技は私の監督人生で初めてみる素晴らしさ」とその実力を絶賛している。

一方のディカプリオは、「僕はトム・ハーディの大ファンなんだ」と告白。「彼ほど力強い俳優は他にいない。キャラクターを作りこむ彼の集中力は見ていて興奮する」「本作の彼は過去最高」とまでたたえている。

ディカプリオが前回の受賞を逃した際は、世界のファンが落胆し、Twittrerのトレンドワードに「Poor Leo(かわいそうなレオ)」が入るなど、SNS上は落選を嘆く声が続出。今回も、ディカプリオがオスカー像を追いかけるオンラインゲームまで登場し、オスカー獲得となるかには注目が集まっている。日本時間29日の授賞式へ向け、盛り上がりを見せる中、日本でもディカプリオを応援すべく、ハッシュタグ「#レオにオスカーを」で応援メッセージをツイートするキャンペーンも開始された。

第73回ゴールデングローブ賞では作品賞(ドラマ部門)、主演男優賞(ドラマ部門)、監督賞の最多3部門、第69回英国アカデミー賞では作品賞、主演男優賞(ディカプリオ)、監督賞(イニャリトゥ)、撮影賞(エマニュエル・ルベツキ)の最多5部門を、それぞれ受賞した本作。第88回アカデミー賞では、ディカプリオだけでなく、映画自体が何部門受賞するかも期待されている。


(C)2016 Twentieth Century Fox

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

オムロン、生産設備のスマート化を推進するIO-Link対応FA機器の第1弾製品
[17:47 6/30] テクノロジー
【特別企画】~たまごがあれば、幸せだ~卵に関するあらゆる情報をまとめた特設サイト
[17:40 6/30] ヘルスケア
ロジテック、SeeQVault対応USB 3.0接続の外付けHDDに3TBモデルを追加
[17:37 6/30] 家電
【特別企画】夏バテ対策には卵が最適!?暑さに負けるな時短卵料理レシピ2選
[17:34 6/30] ヘルスケア
【連載】夫婦のLINE 第90回 目的を見失うと手段の最適化に失敗する
[17:30 6/30] ライフスタイル

本音ランキング