“泣き歌”で話題のアーティストが今後コラボしたいのは野球選手!?

 

“泣き歌”で話題のアーティストが今後コラボしたいのは野球選手!?

ニューシングル「咲かないで」を2月24日にリリースするWHITE JAM。これまで様々なアーティストとコラボしてきたボーカルのSHIROSEが、今後コラボしたい著名人BEST3を挙げてくれました。バンドにアイドル、はたまた野球選手といつか実現するのが楽しみですね。

【1位】THE BLUE HEARTS

人として尊敬しているし、何百年も残る言葉を残しているので、そんな方の作品に関わりたい。人生最悪の日にこの人たちの音楽に出会って、“あ、こんな風に生きてもいいんだ”と思った、「言いたいことを言う、その時は心を込めて言う」、「雨でも降らんと野外でやる意味がなかろう」。このふたつが特に好きな言葉。考え方ひとつで、人生はすごく素晴らしいものになるんだなと思う。僕みたいな人間の生き方の攻略本みたいです。ちなみに今はザ・ハイロウズ時代の「青春」を聴いているなう。

【2位】関ジャニ∞

関西弁オンリーの曲を作るのが得意なので。“関西弁”は、もともと独特のメロディなのですが、関ジャニ∞はそれをとても素晴らしく歌えるアーティストだと思う。関西弁はおもしろいだけじゃなくて、繊細なニュアンスや行間があるので、それを表現したい。例えば「アレをアレしといてー」と言っただけで、気持ちが伝わるような言霊なので。でも、マクドナルドをマクドというのに、朝マックを朝マクドとは言わないので、そういう雰囲気重視なとこも好きです。

【3位】岩田稔(阪神タイガース)

闘病しながら、プロのアスリートとして活躍している姿がカッコいい。インシュリンを打ちながら、苦しいことと戦いながらプレイしているはずなのに、一切ペナルティに感じないですよね。岩田選手の存在によって、救われたり頑張れたりしている人って多いと思う。だから選手の言葉や考え方を作品にすることで、その曲は大きな意味を持つんです。素晴らしい人の考えを音楽にメモしていきたい。音楽に記録しておくことで、その言葉や想いが何十年も残るから。

■ニューシングル「咲かないで」について、WHITE JAM・SHIROSEからコメントが到着!

卒業ソングです。歌詞のほとんどを中学生の頃に書いているのですが、当時の想いを曲にした一番好きな曲。桜が咲いてしまう頃に、お別れがきてしまうので<咲かないで>と歌っていますが、これは中学校の校庭のランニングコースにあった邪魔な木の事を歌っています。あの邪魔な木も今となっては、思い出ですけど、毎日ランニングしている僕ら陸上部にとっては、本当に邪魔で邪魔でたまらなかったです。仲間と「いつかこの邪魔な木の事を曲にするわ」という約束をしていたので、夢がひとつ叶って嬉しいです。あの邪魔な木の下で、友達とこの曲を聴きたいです。ずっと、会えてないけど友達って呼べるって不思議ですよね。そんな事を歌っています。

 


本記事は「ランキングBOX」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[ハイスコアガール]2年ぶり連載再開 コミックスも復活
[00:00 7/25] ホビー
[げんしけん]「次号『二代目』最終回!!」 オタクサークルの活動描いた人気マンガ
[00:00 7/25] ホビー
Googleお役立ちテクニック - Chromeブラウザで複数のGoogleアカウントを利用する
[00:00 7/25] パソコン
[バナナマン・設楽]日村からの“サプライズ”に困る 人気の柴犬「まる」も登場
[21:03 7/24] エンタメ
都知事候補の女子大生淫行疑惑、巨人エースのお持ち帰り、ASKAの新ブログ - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5
[21:00 7/24] エンタメ

本音ランキング