HPE、通信事業者のハイブリッドNFV環境の管理を支援する製品

 

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は2月18日、物理的なネットワーク環境と仮想環境が共存するハイブリッドネットワーク環境のサービス管理で通信事業者(CSP)を支援する「HPE Service Director」を発表した。

同製品を利用することで、通信事業者は、ネットワーク機能仮想化(NFV)の導入環境における物理環境と仮想環境の両方のサービスをシームレスに管理でき、運用サポートシステムの自動化を実現する。

同製品は、「HPE NFV Director」の機能を拡張し、仮想環境と物理環境の双方において効率的なオーケストレーションを実現する。

具体的には、アシュアランス(サービス保障)やフルフィルメント(サービス展開)の業務をクローズドループで自動化することにより、運用を統合する。

共通のデータを提供することで、品質や精度、一元的な管理を保証し、包括的なビューを通じて生産性を向上させるほか、 オープンかつ柔軟なモデリングにより、通信事業者が提供する各種サービスについて、サービス相互の関連性や動作状況の管理を可能にする。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「日本のことが好きな国」ランキング、第2位はベトナム、第1位は?
[10:30 7/27] 企業IT
月間残業時間30時間以下で株価上昇率が高い企業ランキング第1位は?
[10:30 7/27] 企業IT
タトゥーも解禁! 「豪華カプセルホテル安心お宿」が荻窪店で常識越えを加速
[10:30 7/27] 趣味
クチコミをアフィリエイト広告に活用してCVR6倍超!ボーダレス・ジャパンに聞くコンテンツマーケティングの成功ポイント【企業担当者に聞くSMM最前線】
[10:30 7/27] 企業IT
ケイデンス、演算集中型のSoCデザインに適した多用途・高性能DSPを発表
[10:28 7/27] テクノロジー