横浜銀行、普通預金金利と住宅ローン金利を引き下げ

 

横浜銀行は、2月17日に普通預金金利を、2月18日に住宅ローン店頭表示金利をそれぞれ引き下げた。

普通預金金利は0.001%に引き下げ

住宅ローン金利は固定金利指定型を年0.10%引き下げ

このたびの引き下げは、日本銀行による「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」政策の導入に伴う市場金利の低下などをふまえて実施したもの。

普通預金の金利は、現行の0.02%から0.001%に引き下げた。一方、住宅ローン金利は、固定金利指定型3年・5年・10年の店頭表示金利を現行の水準から年0.10%を引き下げた。店頭表示金利は新規借り入れ、変動金利型から固定金利指定型への切り替えなどに適用される。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

北島三郎、ダウンタウン&坂上に『紅白』の裏側暴露 - 美空ひばりの思い出も
[09:05 7/29] エンタメ
トップ人材育成へ、東大らがセキュリティ演習環境を東京・八重洲に設置
[09:00 7/29] 企業IT
離島問題の解決なるか! ヤマトが進める漁業支援とは
[09:00 7/29] 経営・ビジネス
ロレアルの取り組みに学ぶ、企業が“社会的責任”を果たす意義
[09:00 7/29] 企業IT
Mac Fan 9月号発売! 特別付録は「MacでSwiftプログラミング」
[09:00 7/29] パソコン