インテルDFムリージョ、チームの失速認める「個人的にも良くない」

 

インテルでプレーするムリージョ [写真]=Inter via Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョが、イタリアメディア『Caracol Radio』によるインタビューに応え、チームの失速を認めた。イギリスメディア『フットボール・イタリア』がコメントを伝えている。

 今シーズンは好スタートを切り、セリエA首位で2016年を迎えたインテル。しかし1月10日の第19節でサッスオーロに0-1で敗れて3位へ転落すると、以降の6試合でわずか1勝と大失速。現在は首位ユヴェントスに12ポイント差をつけられ、5位に沈んでいる。

 ムリージョは「クリスマスまで、僕らは素晴らしいシーズンを送っていた」とシーズン前半戦振り返るも、「ウィンターブレイク明けから、チームは上手くいかなくなった。僕自身も個人的に良くない。でも、毎日しっかりと働いているよ」と現在の不調を認めた。

 また、15連勝中の首位ユヴェントスは止められないのではないかと指摘されると、「イタリアでは、どのチームも強力だし、勝つ可能性がある。ユーヴェは怒涛の巻き返しをしていて、止めることは難しいだろうけれど、僕らは目標達成のために頑張るよ」と、前向きに語った。

 次節、インテルは21日にサンプドリアと対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

低収入でも貯蓄が多い人の特徴4選
[09:00 9/29] マネー
【特別企画】クラウドコンピュータ利用で医療・創薬はどう変わる? 大規模解析・最適設計のカンファレンス開催
[09:00 9/29] テクノロジー
さらばGWX、ようやく削除された「Windows 10を入手する」 - 阿久津良和のWindows Weekly Report
[09:00 9/29] パソコン
新しいデザイン言語でリニューアル - デル、14型/15.6型ノートPC「New Vostro」発表会から
[08:50 9/29] パソコン
ドスパラ、NUC規格準拠のクリエイター向け小型PCにSkylake搭載モデル
[08:34 9/29] パソコン