2015年の国内PC市出荷台数は前年比31.4%減に - IDC調査

 

IDC Japanは18日、2015年第4四半期(10月~12月)および2015年年間(1月~12月)における、国内クライアントPC市場出荷実績値を発表した。

2006年~2015年 国内PC市場出荷台数/対前年成長率:家庭市場/ビジネス市場別 出典:IDC Japan

2015年年間(1月~12月)のPC出荷台数は、前年比31.4%減で、2014年から484万台少ない1,055万台となった。家庭向け市場が449万台で前年比25.2%減、ビジネス市場が606万台で同35.5%減。同社は「これまで『壊れた』『動作が遅くなった』『容量が足りない』などが買い替えの主な理由だったが、PCの性能向上により、PCを買い換える意識が薄らいでいる。この背後に、PCの進化にアプリケーションの進化がついていけてないという根本的な要因がある」と指摘する。

2015年の国内PC市場のベンダー別出荷台数は、1位がNECレノボグループで277万台(シェア26.3%)、2位が富士通で175.9万台(16.7%)、3位が東芝で129.4万台(12.3%)、4位がHP Inc.で115.2万台(10.9%)、5位がデルで106.2万台(10.1%)となった。

2015年 国内PC市場ベンダー別出荷台数。HPはHP Inc.とHewlett Packard Enterpriseに分けており、ワークステーションはHewlett Packard Enterpriseに含まれ、その他のPCはHP Inc.に分けられる。また、VAIOは2014年7月の設立となる 出典:IDC Japan

2015年第4四半期(10月~12月)の出荷台数は、ビジネス市場が133万台で前年同期比18.7%減、家庭向け市場は112万台で同13.5%減となり、合計出荷台数は245万台、同16.4%減となった。2015年第3四半期(7月~9月)に続き家庭市場、ビジネス市場ともに二桁のマイナス成長となった。

2015年第4四半期(10月~12月)の上位5位までのベンダーシェアは、1位がNECレノボグループ(26.9%)、2位が富士通(17.1%)、3位が東芝(12.3%)、4位がデル(11.2%)、5位がHP Inc.(10.3%)となった。2015年第3四半期の5位から4位へ順位を上げたデルは、量販店向けの販路を強化したことで家庭市場で高い成長をみせたという。

2015年第4四半期の国内クライアントPC出荷台数 トップ5ベンダーシェア、対前年成長率。調査対象はデスクトップPC、ポータブルPCとなり、タブレットPCおよび2in1 PCは含まれない 出典:IDC Japan

人気記事

一覧

新着記事