ケーヒル退団の上海申花、元インテル快速FWマルティンス獲得を発表

 

上海申花が獲得を発表したマルティンス [写真]=Getty Images

 中国スーパーリーグ(1部)の上海申花は18日、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のシアトル・サウンダーズからナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンスを獲得した。クラブ公式HPが伝えている。

 現在31歳のマルティンスは、2001年から2006年まで所属したインテルで頭角を現した。在籍中にセリエAで88試合に出場して28得点を記録すると、その後はニューカッスル、ヴォルフスブルク、ルビン・カザン、バーミンガム、レバンテと渡り歩き、2013年からシアトル・サウンダーズでプレー。アメリカでは84試合の出場で43ゴールを記録し、健在ぶりを示した。

 同選手の新天地上海申花は、今冬の移籍市場で日本代表DF長友佑都の所属するインテルからコロンビア代表MFフレディ・グアリンを獲得。一方、新監督の構想外としてオーストラリア代表FWティム・ケーヒルとの契約を解除していた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

夏ボーナス、国家公務員は平均63万円
[12:15 6/30] マネー
女性がお風呂場で入浴以外にしていること
[12:10 6/30] ヘルスケア
【連載】ミラノサローネの「若手の登竜門」に挑む 第2回 デザイナーの登竜門に挑戦!そこでぶち当たった「ミラノの壁」
[12:05 6/30] テクノロジー
「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」のトライアルα版が提供開始
[12:05 6/30] 企業IT
【連載】胎児もつらいよ! 第2回 壮大な軌跡に老けこむ……
[12:04 6/30] ライフスタイル