キヤノン、メガ進化した中級一眼レフ「EOS 80D」 - 45点クロスAF搭載

キヤノンは2月18日、中級ユーザー向けのデジタル一眼レフカメラ「EOS 80D」を発表した。4月上旬の発売を予定しており、価格はオープン。推定市場価格は、ボディのみで140,000円前後、18-55 IS STMレンズキットで150,000円前後、18-135 IS USMレンズキットで190,000円前後(すべて税込)。

キヤノン「EOS 80D」

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを装着

同時デビューのEF-S18-135 F3.5-5.6 IS USMを装着

EOS 80Dは、2013年8月に発売されたEOS 70Dの後継となるミドルクラスの一眼レフだ。APS-Cサイズ・2,420万画素のCMOSセンサーと画像処理エンジン「DIGIC 6」を搭載し、使用可能な標準感度をISO16000 (拡張25600)まで高めている。

AF測距点数をEOS 70Dの19点から、オールクロス45点へと一挙に増加。中央測距点は低輝度限界EV-3の性能を持ち、最大27点がF8光束に対応している。また、7,560画素RGB+IR測光センサーの搭載により、肌色検知をしながらのAIサーボAF、蛍光灯の影響を低減するフリッカーレス撮影を可能としている。連写性能は最大7コマ/秒だ。

APS-Cサイズで2,420万画素の新開発CMOSセンサー

DIGIC 6を搭載した基板

オールクロス45点AFセンサー

7,560画素RGB+IR測光センサー

光学ファインダーの視野率を100%としたのは、"EOS 2桁D"では初めて。多くの情報を表示するインテリジェントビューファインダーとなっている。新しいCMOSセンサーによって、デュアルピクセルCMOS AFも強化されており、ライブビュー撮影や動画撮影時のAFがさらに高速化。すべてのレンズでデュアルピクセルCMOS AFを有効に使えるようになった。

そのほか、NFCの搭載、フルHD/60pやタイムラプス動画撮影、クリエイティブフィルターの動画適用、EOS 7D Mark IIに組み込まれたミラー振動制御システムの採用など、ミドルクラスの域に収まらない進化を遂げている。

ペンタプリズムとEOS 7D Mark II譲りの振動制御システム

天面、背面、左右側面

液晶モニターはもちろんバリアングル式&タッチ対応

同梱物。バッテリーパック はLP-E6N

主な仕様は以下の通り。

  • マウント:キヤノンEFマウント
  • 撮像素子:有効約2,420万画素、APS-Cサイズ、CMOSセンサー
  • 画像処理エンジン:DIGIC 6
  • 対応感度:ISO100~16000 (拡張25600)
  • シャッター速度:1/8,000~30秒
  • ファインダー:視野率100%、約0.95倍
  • 液晶モニター:3型ワイド・約104万ドット、タッチパネル、バリアングル
  • 記録メディア:SD/SDHC/SDXCカード (UHS-I対応)
  • 撮影可能枚数:約960枚 (CIPA準拠、ファインダー撮影、常温、バッテリーパック LP-E6N使用時)
  • サイズ:W139.0×H105.2×D78.5mm
  • 重量:約730g (バッテリーとメモリーカード含む)

クリックで拡大と連続表示

パワーズームアダプター「PZ-E1」も同時発表。動画撮影に便利な純正オプション品だ

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事