ネットギア、802.11ac対応でAPにもなる無線LAN中継機「EX6120」

 

ネットギアジャパンは、802.11ac対応デュアルバンド・ワイヤレスエクステンダー 「EX6120」を、3月中旬より販売開始すると発表した。

「EX6120」

EX6120は、既存の無線LANルータの電波を中継し、電波の届きにくかった場所で無線LAN接続を可能にする無線LAN中継機(ワイヤレスエクステンダー)。5GHz帯と2.4GHz帯のデュアルバンドを同時に使用でき、それぞれ最大867Mbps (802.11ac)、300Mbps (802.11n) のンターネット接続を可能にする。従来規格の802.11a/b/g/nとも互換性があり、さまざまなメーカーの無線LAN 親機・子機と使用できる。

有線LANポートを1つ装備しており、既存の有線LANにつなげることで無線LANアクセスポイントとしても利用可能。

EX6120は、設定画面から通常のインターネットサーフィンモードと、FastLaneテクノロジーモードを選択することができ、FastLaneテクノロジーモードを選択すると、周波数帯を限定することで電波干渉を防ぎ、パフォーマンスを向上させることができるという。

通常のモードとFastLane テクノロジーモード

EX6120は、壁面の電源コンセントやOA タップに直接差し込んで利用でき、Webラウザ上のセットアップウィザードに従って設定していくことで、設定できる。また、WPS(Wi-Fi Protected Setup)ボタンを装備している。

価格はオープンだが、想定市場価格は6,800円(税込)。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事